赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 猟犬卒業!家族ができたがんもの幸せ。BLOGTOP » 正式譲渡 » TITLE … 猟犬卒業!家族ができたがんもの幸せ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟犬卒業!家族ができたがんもの幸せ。

何かをすると何か一つが抜けている。
覚えておこうと気に留めているのに何かをするとすっかり忘れ去る。
そんな脳年齢の高齢化が進む今日この頃です
残念な脳なので、せっかく楽しみにしていた再会時にデジカメを忘れてしまいました(涙)
いいの、いいの。あなたの笑顔はデジカメじゃなく心に刻んでおくから!
CIMG1483.jpg
と言い訳を一杯した所で^^;嬉しい正式譲渡の報告です。

持ち込まれた際に「猟犬」と言われていたE・セッターのがんも。
ガンドック専門レスキュー団体さまのHPを時折見させて貰っていたので
予防やケア、ケガをしても処置もなく利用するだけ利用して簡単に捨てる悲惨さと飼い主の冷淡さ、
その命を助けたくても培われた行動や性格や頭数の多さから
簡単にどの仔も家庭に迎えて貰えると考えることができない仔もいる現実を知り
助けたい気持ちの中、経験ある預け先や移動先がない中での保護に不安がありました。

何度か足を運び接する中で「大丈夫」と思えましたがそこは素人判断で確信も自信も薄く、
何かあった際に自分が責任を持って預かれるかの答えが出せず(元気も大変な時で・・)
家庭での性格や行動が未知数なのに呼びかけ、お願いをするのは無責任な事かもしれないと分かっていながら
他の仔で行く際にもいつも良い仔さんだったがんもを見ると「何とかしたい」という気持ちが勝り
早く出してあげたい気持ちから保護前に里親様や経験ある預け先の呼びかけをしていました。

そしてそのUPを見てご連絡を頂いたY様と連絡を取るようになり、
引き出し前にがんもにも会いに行って下さりました。
今まで性格や行動、体調面などでそれぞれ色々抱えていた秋田犬やボーダー、ビーグルの里親になり看取ってこられたご家族なので
中型~大型経験値0の私の方が色々教えて貰ったり、お話を伺うほどで^^;
待たせていたがんもをやっと引き出してあげることができました。
CIMG1489.jpg
(シャンプー後フリー時におもちゃで遊んでる時の生き生きしているがんも^^)

今まで健康面でボロボロの仔、お口が出る仔、フィラリア陽性、、とどんな仔も家族に迎えてこられ
(実験動物だった先住犬ちゃんのお話、同様に実験に使われる仔の現状には人間の冷酷さを痛感しました)
ボーダーちゃんが癌で亡くなり、空いた席を家族を待っている仔へ繋げたいというお気持ちから
がんもの事も預かりというより、迎えるお気持ちでのお問い合わせでしたが
現在のんびり日々を過ごしている推定15才~のA.コッカーの先住犬ちゃんとの関係があったので
預かって貰えれば性格や行動をある程度把握した上で募集を掛けれるので
迎えて貰えるかは別として中型~大型犬種の経験者として預かりからでもとお願いしていました。
CIMG1498.jpg
(ご自宅へ行ってすぐにフレンドリーさを発揮するがんも^^)

お届けしてから掛かりつけ医でフィラリアの影響が心臓や他へどう影響しているか諸々の検査をして下さっていて
散歩後にびっこを引くことのある前足は負傷を放置で自然治癒していて長時間の運動は負担が大きく猟ができない状態が分かり
性格の良さなどではなく足の負傷で使い物にならないと処置なく捨てられたの?と腹立たしい中、
ケガが原因で捨てられたのならフィラリアがステージ1の状態の今捨てられて
これから治療ができるので良かったと思います。と言って貰い
その後も検査結果は問題ないのに薬によってや食事やおやつによってかもしれない下痢や嘔吐など、
猟犬としての不規則な生活で狂った体調を整えたり、去勢前に薬への体質を見極められると
通院してがんもの今の健康把握をしっかりとして下さっています。

引き出してから預かるだけでなく通院やケアなど全てお任せっぱなしの状態になりましたが
最初から迎える前提のお気持ちだったので自分の仔としてする事をしているだけ。というスタンスで
1週間も経たない内に体調面では下痢の通院が続いていましたが迎えたいというお返事を頂きました。
(通院続きの中、今まで迎えた中でがんもが一番健康面は何もない方ですと言って貰いびっくり^^;)

今日、久々に会ったがんもは相変わらずのフレンドリーさに+して落着きもあり
ご家族にもすっかり慣れ、母さんっ仔に変身していました^^
(ここから携帯写真で小さい&写りが悪いです
20120304111111.jpg
アイコンタクト&甘え方バッチリ!
収容中、寒いだろうからと敷物を敷いてもらっても今までの習慣か?敷物を避けて地べたに寝ていたがんもですが
すっかり定位置の毛布で気持ち良さそうに寛いでいました^^
20120304101928.jpg
20120304104331.jpg
病院で看護婦さんや先生にも愛想を振りまき、点滴中もへそ天姿で性格の良さのお墨付きを貰ったがんも。
散歩で鳥を見たらスイッチが入るか!?と多少楽しみされていたそうですが全く無く(笑)
人にも他犬にも優しくまだ「ワン」という鳴いたこともなく、お留守番も家庭生活も問題なく優等生のがんもは
猟犬ではなく、家族に愛され愛す為に生まれてきたような仔でした。
そしてそのがんもの命を繋いでくれたご家族に引き出してからそのまま迎えてもらえるという
ラッキーボーイの幸せ姿を見させて貰い嬉しさで一杯でした。

ガンドックは初めてなので。と今までの経験に+して色々調べられ
躾というより家族と一緒に参加する。という気持ちでトレーニングの予定も着々と進んでいて
家庭犬としてのがんものこれからの日々はご家族の愛一杯です^^

呼びかけや引き出し程度しかできずに後は全てY様に託したがんもなのでRed-string卒業とは厚かましい気がし
   ご縁繋ぎの橋渡しをちょっとだけさせて頂いた。という事で
がんも、愛一杯のご家族に迎えて貰い小さくRed-string&保護犬&猟犬卒業です
  20120304111653.jpg
 元繁殖犬で通院や手術続きの状態を乗り越え10年。推定でも15才~の先住みかんちゃんの
    何にも動じない自由で貫禄のある姿が眩しかったです
     にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
    
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。