赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … やったね!龍@たっちゃんの卒業。BLOGTOP » 正式譲渡 » TITLE … やったね!龍@たっちゃんの卒業。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったね!龍@たっちゃんの卒業。

2/17、ご主人様のお誕生日に合わせて迎えて頂いたのは
辰年の今年が良い年になるようにと願って仮名を付けて貰った龍@たっちゃん!

CIMG0769.jpg
1才と若いたっちゃんですが、引き出してからお散歩は全く知らない様子や家庭生活は初めてのような様子もあり
持ち込み理由も性格や行動ではなく不確かだったので
後ろ足は開いているので売れずに(貰い手なく)捨てられた!?と想像するほどでした。
そしてたっちゃんの後ろ足は開き気味というより滑りやすい状態で
絨毯やマットがないとペタンと座り込む事もありました。

後ろ足の麻痺や何か抱えているものがあるのか、何もないのかは詳しくMIRを撮れば分かりますが
生活に支障がなく、痛みもなく「気になる」というだけで高額になる専門的高度検査は受けさせてあげれません。
これまでに踏み切ったのは生活にかなり支障があるケース、痛みが酷いケース、推測難しい発作が長時間長期間続くケース、心臓肥大の原因が不明で投薬の判断などがつかない場合のみです。
一杯一杯の負担の中なので抱えている仔全ての責任や治療費を考えなければいけないのも大きいですが
それだけでなく預かりや里親を経て(なって)今活動を共にしているスタッフは自分の愛犬、我が仔でも
緊急性や痛み、支障がない場合は主治医と相談しながら「放置」ではなく
様子見や経過観察もするという飼い主としての考えも持っているからです。

たっちゃんは若いけど後ろ足にそんな症状があったので希望が入っても
現状を説明する。実際に見てもらう。実際に過ごしてみる。
どこの段階ででも先への不安からお話が流れることも覚悟していました。

CIMG0765.jpg
(あどけない顔でじ~と見つめてくるたっちゃん@写る角度によってぶちゃかわ~と言われる事も(爆))

預かって実際にたっちゃんの滑りやすかったり座り込む仕草を日々見るてんてんさんもその症状を心配するというより
そのことが原因でご縁が中々なのではないかと不安を感じたと思います。
生活していると気にならない(支障でも何でもない)ことも説明で口にすることで心配になることもありますが
たっちゃんの若いのにぽや~んとした所もある天然系のキャラと守ってあげたくなるオーラに
きっと理解してくれる家族との出会いがある!と信じてお問い合わせにも今のたっちゃんの状態を伝えてくれました。

そしてたっちゃんを希望してくださったご夫婦はお見合いでその姿、
状態を見ても一緒に過ごして見たいと言って下さり
トライアル中に掛かりつけの病院で診察も受けて下さっていました。
レントゲンで見たたっちゃんの後ろ足の筋肉量の少なさに涙したママさん。
まずは滑らないように室内を気をつけて日々のお散歩で少しずつ筋肉を付けていこうね!と、
若いのに後ろ足が滑りやすく座り込む姿に不安もあったと思いますが、
先住のダックスちゃんとも一緒に散歩の行き、時には寄り添うたっちゃんと過ごす中で
家族として迎える準備をご夫婦でトライアル中に積み重ねてくれました。
E3819FE381A3E381A1E38283E38293E695A3E6ADA9-thumbnail2.jpg
(保護当初はお外で固まって全く歩けなかったたっちゃんが先住ワンちゃんと一緒にお散歩です^^)
E3819FE381A3E381A1E38283E38293EFBC91-thumbnail2.jpg
(先住ワンちゃんとたっちゃんヒソヒソ話中だそうです~^^)

たっちゃんに限らず健康面のことは心配や不安がつきものです。
保護してできること、必要な事はしますが
「保護犬だから」ではなく「飼い主ではないから」今、現状でそこまではできない。
引き出した仔への強い思い入れと気持ちだけでできない部分、
もどかしくても引き出す全ての仔の事を考え受け入れなければいけない部分もあり
迎えて下さる本当のご家族に分かる範囲の事をお伝えし託すことになります。
ここまでしかできずに申し訳ない。
いえいえ、ここからは家族の私達がしてあげることです。
そんな気持ちのキャッチボールをできる出会いに
保護犬もご縁繋ぎのお手伝いをする私達も幸せを貰っています。

持ち込みで8ヶ月?10ヶ月?と聞いていたたっちゃんは
生え変わってすぐではない歯の状態から1才は超えていると推測できましたが
パピー時代もお家や散歩で楽しい日々を過ごせていた様子は一つもなく
ちょっと悪いところ、整っていないところがあると売れない?捨てる?手放すの?という
整って売れ筋、可愛さ・美形、可愛さが重視されて販売される命の軽さを見ましたが
たっちゃんにはそこを「守ってあげるからね」に変えてくれる理解あるご夫婦との繋がりました。

まだまだあどけなさが残り、家庭生活のお勉強もこれからのたっちゃんを
温かく包み込んででくれるご夫婦に迎えてもらいRed-string&保護犬卒業です
=_ISO-2022-JP_B_GyRCJD8kQyRBJGMkcyRIJGYkJjcvGyhCLmpwZw==_=.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
 たっちゃんの次はなが~い間待ちわびたご縁の報告です♪
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ぶちゃかわいいたっちゃんと家族になりましたママですv-286
本当にお世話になりましたv-344
足の事は心配していますが温かく見守っていき、
たっちゃんのうれしいがいっぱい増えるようにしていきたいと思っていますe-266
たっちゃんの命をつないで我が家に縁を結んでくださり感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございましたe-265

みきんさん、
HNを知らずに孔明のコメで失礼いたしました(大汗)
たっちゃんの状態を見て、診察に行ってくださり
たっちゃんの若いのに何で?の筋肉量の少なさを受け止めて下さり
ホントたっちゃんやったね!!!と嬉しかったんです^^
犬のプロでもなく仕事しながら、日々の生活に追われながらで
何とか。。と思ってやっていることなので
不備も多く^^;里親さまにバトンタッチしかできませんが
みきん様ご夫婦にたっちゃんが迎えて頂けた事、
そこに携われたことに私たちも幸せを頂いています。
これからもたっちゃん共々宜しくお願いいたしますm(--)m

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。