赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 金太郎物語。BLOGTOP » 正式譲渡 » TITLE … 金太郎物語。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金太郎物語。

す、すいません
前回のUPは無力さで凹んでしまった酔っ払い夜にブログなんぞ書くとぐちゃぐちゃの文面で翌朝確認して真っ青
慌てて内容を多少訂正いたしましたm(--)m
あまりの恥ずかしさに穴に引きこもっていて(嘘)更新が遅れましたが(毎度のこと)
2月は保護犬たちの手術や検査、引き出しも続くので、しっかりしなければと改めて気を引き締めています。

そして、嬉しいお見合いやトライアル、お問い合わせのお話も入ってきています。
(預かりさんブログでご存知の方も多いかな?^^)
今まで頑張って頑張ってきてご縁を待っていた仔たちへの幸せの足音なので
素敵なご縁が繋がって良いご報告ができればと思っています

そして昨日嬉しい正式譲渡になったのは年末保護してカビの感染から隔離生活を頑張った金太郎!
CIMG0746.jpg
(引き出し時は毛ふわふわの長毛系でした)

金太郎の保護は某所の仕事納めの日で年末の慌しさの中での急な決定でした。
一般へのお声掛けを待つのみの複数頭のパピーの中で金太郎のみ皮膚がかなり酷く(部屋別)
午後には新たな持ち込みパピーが数頭入る予定で、改善ない状態の金太郎を置いておくことは難しい状態でした。

引き出し後の検査で他犬への感染のあるカビと分かり、治療の為全身バリカンにすると毛の下から出てきた患部の広さに驚きました。
CIMG0804.jpg
CIMG0806.jpg
(仔犬の丸刈りは初めてでした^^;)
我が犬や保護犬がMAXでいる自宅での隔離生活への不安、日々の消毒や薬湯など他犬への感染へナーバスにもなりました。
CIMG0810.jpg
(サークルに巻いたビニールはすぐにぐちゃぐちゃになり撤去しました^^;)
お正月で仕事が休みで時間的余裕のある時でよかった。
そう思えるほど家庭での隔離と掃除、薬湯に使用した物の全てハイター消毒は想像を超える手間と労力で泣き言を言いたくもなりましたが
自分で決めた引き出し。その先何が待ち受けていようと命を背負った責任。泣き言は寝言で言え!と奮い立たせていました^^;

それに一番辛く寂しい思いをし、隔離と治療を頑張ったのは金太郎自身でした。
突然ひとりぼっちになり、温かい人肌を求める時期、元気盛りの時期に部屋にひとりぼっちでの生活。
走り回りたくても、遊びまわりたくてもご飯と寝ることと、人が入ってくるのを待ってる事だけの生活。
CIMG0825.jpg
ドアを開けるとお座りをしてじーっと待っている金太郎、
出て行くときに必至に甘えようとする金太郎。
CIMG0823.jpg
また来るからね。治るまでちょっとの間の辛抱だから我慢してね。
金太郎にも自分にもそう言い聞かせていました。

日々の投薬と薬湯で瘡蓋が完全に取れ、地肌が見え始めるまでの神経質になった10日間は本当に長かったです。
投薬開始2週間が経ち、皮膚の状態が落ち着いてきた頃、
CIMG0902.jpg
CIMG0897.jpg
背中の数々の患部は綺麗になり毛も生えてきました。
CIMG0898.jpg
まだ隔離はしていましたが、一日何回か室外のテラスで遊ばせてあげれるようになり
CIMG0892.jpg
サークルだけの生活からやっと仔犬らしく遊べた時の金太郎の嬉しそうな姿と表情を見た時はじ~んときちゃいました。
(菌太郎時代の金ちゃんが遊んだ思い出のぬいぐるみは全て捨てましたが^^;)

保護時2.1キロだった金太郎は3週間で5キロになり仔犬の成長の速さに驚くと共に
カビさえなければ可愛い盛りの今、すぐにでも募集を掛けて上げれるのになぁ・・と思っていたこの頃、
金太郎に思わぬ希望のメールが入りました。

培養検査で1回目はまだカビが確認され投薬続行中だったので募集はまだ掛けていない中、
金太郎の写真をみたご家族からのお問い合わせでした。

人犬に感染するカビの投薬中であること、
治るまで1週間単位で培養検査をして完治を確認しないと完璧でないのですぐにはお渡しできないこと
隔離生活がメインなので普通の生活をした時の行動や性格が分からない事、
パピーなので粗相も夜鳴きもイタズラもこれからの破壊活動も出てきて大変かもしれないこと、
そして一番は小さいうちだけ可愛がるのではなく、大きくなっても終生室内飼いを約束してくれ
これから15~20年生きる可能性のある金太郎を最後まで責任を持って飼って貰えるか。
募集スペックをUPしていなかったので細々とお伝え、お伺いさせて頂きました。

それでも金太郎の写真を見て目が合って他の仔では感じなかった「この仔!」とビビッときて
ご家族で毎日写真を見ながら楽しみにして下さっていた希望者さまは今の状態も了解し金太郎を待っててくれました。

金太郎1頭飼いなので他犬への感染リスクを神経質にならなくて良かったこともあり
完璧に培養検査を待つとまた2週間~後になってしまうので、一日でも早く迎えたいというお気持ちから
投薬延長していた1週間が終わる前のお届けとなりました。
1ヶ月近く毎日の投薬をしていたのでお届けする1週間前からは皮膚もかなり綺麗なツルツルハゲ状態で(笑)
後は毛が生えるのを待つだけになっていたので
薬用シャンプー後だけ少し室内フリーで様子も見ていましたが、トイレは他犬の匂いを嗅いで1日でシート認識ができ(凄)
お座りも数回でマスター(賢い!)
CIMG1134.jpg(たった1ヶ月弱でここまで成長してました~)
最後だけちょっとだけフリーを経験させてあげれた金太郎は(凄いエネルギーだった^^;)お顔も体も倍大きくなってお届けとなりました。
CIMG1098.jpg

お届け当日金太郎が来るのを楽しみに待ってくださっていたご家族を前にはっちゃけを封印して固まる金ちゃん^^;
CIMG1137.jpg
隔離生活だったし、人とも密に接して過ごせなかったし、これから全て一から経験だもんね!

それに震えまくりで固まった金太郎を可愛い~と笑顔で迎えてくれた明るくて笑顔が絶えない希望者さまご家族は
温かく金太郎を迎えてくださり、
今までの投薬・治療経過のこと、これからのことの説明を聞いて「大丈夫です!」と心強いお気持ちだったので
安心して金太郎を託して帰路につくことができました。

それでも隔離からの突然の環境の変化や1頭の生活になり夜鳴きや粗相で困っていないか、
はっちゃけや破壊行動で手を焼きパピーの大変さでヘロヘロになっていないか心配だったのですが
1週間目の様子伺いの時にすぐに「可愛いですよ~~」というママさんの一言でまたまた心配は安堵へと変わりました。

そして、トイレも成功率5割~で手を焼くほどでもなく、夜鳴きもなく大人しくひとりで寝てくれるし
お届けの時は学校で居なかったけど、金太郎が来るのを誰よりも楽しみにしてくれていた小学校のお兄ちゃんが帰宅すると金ちゃん大喜びでお兄ちゃんと遊び倒しているそうで^^
破壊活動もイタズラもまだなくて、昼間お母さんとふたりの時は大人しく良い仔さんで(笑)
もっと大変かと覚悟していましたが良い仔ですよ。と、嬉しい様子を聞かせて貰いました。
またお電話した日には病院へ連れて行きワクチン接種&皮膚も診て貰っていてすっかりH様のお家の仔になっていました^^

投薬や治療続きで沢山の我慢をしてきた金太郎は「力@リキ」という力強いお名前を貰い
募集前のカビ治療中に見初め待ってくださったご家族様に迎えて貰いRed-stirng&保護犬卒業です
CIMG1136.jpg
(すぐ近くに住むママさんのご両親も金ちゃんが来るのを楽しみにして下さっていお母さんも一緒に迎えてくれました^^)
H様、K様、お兄ちゃん、写真の金太郎と目が合って赤い糸を手繰り寄せてくれてありがとうございます!^^

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
金太郎がいた某所では金ちゃんを機会に皮膚感染の疑いがある仔を治療できるように
培養検査キットに合わせ年明けには薬用シャンプー&薬が揃いました(嬉)
金太郎がこれからの免疫力&体力無く常在菌(カビ)が感染してしまった仔へ残してくれた大きなこと。
金ちゃんありがとう!






スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。