赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 色々です。。。BLOGTOP » 日々の様子 » TITLE … 色々です。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々です。。。

色々な事がありすぎて、重なり過ぎて何から書けばいいのか・・。
こういう時はまずは頂いた嬉しい報告から。



それは先週飛び込んできました。(UPが遅いけど

てるさんのブログでご存知かと思いますが →「ocne agein」
アメコカのノア改め佳奈ちゃんが里親様の許で白内障の手術を受けさせて貰い
一度は諦めた視力を取り戻す事ができました

先月の箕面で会った佳奈ちゃんには監房でひとり丸まっていた過去の面影は一切なく、お転婆でおキャンなお嬢様姿。
CIMG9931.jpg
譲渡後 乳腺腫瘍の摘出に皮膚のケアと健康面で手を掛けて貰い、
いつも家族一緒で、色んな所に連れて行ってもらい、毎日の楽しくて愛情一杯の温かい生活だけで十分幸せでしたが
佳奈ちゃんに「見える世界」を教えてあげたいと 手術を受けさせてくださったお父さん、お母さんには感謝しかありません。

眼圧が高くて手術ができるかどうか、入院も長くて、見えてからも眼圧を安定させる点眼が欠かせない状態。
いつも明るくて元気なお母さんも押しつぶされそうな不安と一生懸命闘ってくださいました。

佳奈ちゃん、佳奈ちゃんももよく頑張ったけど、尻に敷いたつもりで敷かれてたふりをして
大きな愛情で包んで支えてくれているお父さん、お母さん、ゆうと兄ちゃんも一緒に頑張ってくれたんだよ。
(ゆうと君佳奈ちゃんが入院中 佳奈ちゃんがいないストレスからか?お腹崩したんだって。ホント優しいお兄ちゃんだね)
家族っていいね。 おめでとう、佳奈ちゃん!

  ~   ☆   ~  ☆   ~   ☆   ~  ☆   ~   ☆  ~

次は保護犬の健康面の事。

先週はパピヨンラッキーの尿管結石の今後を担う造影剤を使っての詳しい検査でした。
膀胱に尿がぱんぱんに溜まる原因になっていた尿道の結石は摘出していましたが
腎臓から膀胱へ繋がる尿管にまだ結石が残っていたので、自然に落ちてくれる事を祈っていました。

CIMG9893.jpg
(ラッキー本犬は現在元気そのものです)

結果は・・・
残念ながら尿管の結石はまだ残っていました。

造影剤を入れて現在の状態を確認すると、液を入れた後は結石の影響で詰まり気味で尿管に拡張が見られるものの
隙間があるようで少し後のレントゲンでは尿管から膀胱へ流れている様子が写ってて
現状では狭いながらもちゃんと流れている事が分かりました。

膀胱から腎臓へ繋がる尿管はとっても細く、場所的に尿道と違い術後の縫合時に
管が狭まらないようカテーテルを入れて管理しておくことができないので
縫合する事で管が狭まり、最悪引っ付いてしまい摘出する事で管が詰まると言うリスクが高いので摘出は見送りました。

手術で摘出できるものならしてすっきりした状態で募集をかけてあげたかったですが
こればっかりはどうしようもありません。
CIMG9891.jpg
(ラッキーはラッキーで変わらないですが)

今後ですが、これ以上結石が溜まらないようにこのままHPコントロール食を続け
時間が掛かっても少しずつでも自然に落ちていくのを願って現状維持か少しずつの回復を願う事。

尿道結石で摘出した石の成分分析の結果からヒルズのHPコントロール食が成分的に良いようで
ドライもウエットもラッキーは抵抗なく喜んで食べてくれています。(助かります)

今後の先の事はどう転ぶか分からないですが
最悪のケースを伺ってみると、もし現在隙間がある尿管が詰まってしまった場合、
尿管が拡張して腎臓にも影響が出て水腎症を起こすそうです。
ただラッキーの尿管は片方の腎臓に繋がる部分なので最悪片方が水腎症を起こし機能しなくなっても
もう片方の腎臓に繋がる尿管は現在結石もなく腎臓機能も正常なので片方の腎臓で今後も生活でき、生命の危機とはなりません。
犬の慢性腎不全は腎臓機能の3/4が機能しなくなってからと言われているので
もし尿管結石が原因で片方の腎臓が機能しなくなっても半分が正常で残れば良い。と考えることもできます。

先の先の不安を言い始めると、高齢になって腎臓機能が衰えてきたら慢性腎不全になりやすいのかとか
また残てる結石が何年後に詰まるのか詰まらないのか、
いつどうなるのか、自然に落ちて回復に向うのか、現状維持でいけるのかは誰にも分からない事です。
(最低半年に一度、最善は3ヶ月に一度は尿検査などで経過観察が望ましいです。)

症状は以前からあったはずなのでもしもっと早くHPコントロール食で蓄積されないよう気をつけて貰えたら・・
今の状態はラッキーには何の罪もない事です。
現在の状況と今後できることの目処がついたラッキーは正式に募集をスタートさせています。
現在元気そのもののラッキー。
CIMG9878_20111129230032.jpg
まだ6才のラッキー。
前だけを向いて、きっとラッキーの今を受け止めて未来をくれる本当の家族からお声が掛かると信じたいと思います!
ラッキーへのお問い合わせお待ちしていますm(--)m

そして辛い報告は、
募集を掛けてお声をまっていたポメのなずなですが一旦募集を停止しました。

膝・股関節のW脱臼で泣き叫ぶ痛みを耐えたなずな。
痛みでパニック状態という事で麻酔をかけられ、迎えに行った際の悲痛な目は忘れられません。
CIMG7912_20111129230727.jpg

ドクターのお陰で早期にW手術を無事済ませる事ができ、母さんがリハビリを頑張ってくれ順調に回復し
CIMG9469_20111129231045.jpg
時間を空けての3箇所の乳腺腫瘍の切除も頑張りました。
病理検査で良性と分かり、小さな小さな体で沢山の痛みと抱えた病気を乗り越えたなずなが
今度こそ大きな幸せを掴めるはず!と安心して募集を掛け、楽しみにお声を待っていました。

2011112322193469f.jpg
毛も伸びて益々可愛くなってきていました。

そんななずなが数日前から発作?痙攣?斜頸から始まる症状が出てきました。
回数も多くはなく、まずは足腰の痛みからでないか、またてんかん発作ではないか
投薬から様子を見て、原因が分からないようならMRIで検査も視野にいれていた所
昨日から回数が急増し、またその症状の際になずなに意識があり、それを自分自身が分かって辛そうにする様子。
今日も何度も発作?が出て、夕方には今までより時間も長く、母さんが急遽近くの病院へ走ってくれました。
(病院に着く頃には治まり普通の様子病院で発作が起きたら診断・推測しやすいですが、そう都合よくはいかないので動画で記録をしてくれています)
血液検査は異常なく内臓的な可能性はなく(限りなく低く)やはり脳に何か原因があるのかもしれません。
頻度が高いのにてんかんとは考えにくい様子から 早急にMRIの検査を受けたいと思っています。

発作の時のなずなの様子を見守る母さん、大きな不安と辛さの中頑張ってくれています。
なんでなずなにこんなに次から次からと降りかかってくるのか・・・考えれば考えるほどやりきれませんが
今は原因が分かり、症状改善の処置の特定ができることを願うしかありません。
症状が落ち着き、募集再開でご理解あるご縁を待てますように(祈)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
次の仔も待っているのに前を向けない時は
トライアル中の3ワンの事(寅・ひじき・もみじ)
お見合い予定の2ワンの事(たらお・栗)
幸せの足音への期待で前向きオーラで乗り切らないとです


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。