赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 戻ってきています(汗)BLOGTOP » 未分類 » TITLE … 戻ってきています(汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻ってきています(汗)

タイトル通り 先週土曜日から黒い小悪魔?が戻って来ております

最初に名前がなくても想像できて やっぱり って?

 いえいえ、ボブの名誉の為に

  「今回は違います!」

 と言わせていただきます。

今回ボブが戻って来ているのは「噛むのが酷くて耐えれません」ではありません。

時間を掛けて見て頂く気持ちで預かり兼トライアルスタート後から
コメントを入れてくださったように
希望者のKさんは ボブが相手を信用するまでの初日~数日を乗り越え
その結果ボブはKさんに対して日々噛まなくなり、
甘えたになり いつもKさんについてまわり
 抱っこをせがみ 一緒に寝たり抱っこしたり
不要な事をしなければ噛まれなくなり
Kさんも「飼い犬登録をして迎えようと思っていました」というお気持ち通り
ボブがKさんに甘え、頼り、信用するようになっていました。

日々頂くメールにボブの変化の様子が嬉しく、
これから時間をかけて色々なことがもっともっとできるようになると思え
ボブの卒業を予感させるものでした。

そんな中、今回トライアル兼気長に見てもらえる預かりを2週間ちょっとで終えてしまったのは
突然とも言える希望者さまの環境の変化というか 
人生の大きな岐路の一つとも言える出来事によります。

お見合いに進む前に 先々を考え立ち入ったことも伺うこともあります。
それは希望者さまを疑うのではなく 大切な命が二度と家族に捨てられることのないよう
飼育放棄される仔の理由で多い心配事を 一つ一つ確認し安心した上でお話を進めたいからです。

今回もそんな質問にも嫌な顔せず真摯に答えて貰い 安心をしていたのですが
最初には伺っていなかった 以前から沸々と抱えていた問題により
急遽飼育環境も希望者さまご自身も 今とは全く違う環境に身を置かれる事になりました。

ボブを連れてきて貰った際に ボブがKさんを信頼し、
抱っこも後ろからの持ち上げも、どこを触っても大丈夫になっていた姿に胸が痛み
私から見れば人生の先輩に当たるかもしれませんが 保護犬の事は別と
もし今のような状況になる可能性や、そのような状態が有り得ると聞いていたらお話は進めなかった事、
また今の状況になるのであれば ボブでなくても新たに犬を迎えられる状況ではないと
ボブを希望するなら尚更 もっと先々を見てほしかったと
私のボブに対しての申し訳なさもあり 口にしていました。

一番は 話を進める中で見極められなかった 私の力不足であった事を 反省しています。
犬に辛い思いをさせてしまうと いつも、どこまでも 足らない自分であると 痛感します。 

残念な結果にはなりましたが
Kさんが初日~数日の大変な時を乗り越え 噛むボブに負けずに頑張られたのは確かです。
ボブが最初を乗り越え甘えてくる私と預かりのニクさん以外の人でも 
その人次第で やっぱりボブは大丈夫!と教えてくれたのも確かです。
 
そしてKさんがコメントで残してくれた事、メールでくれた事は 
初日~数日の向かってくるボブの本気で噛むことが
経験がなければ 想像よりどれだけキツイ事か痛いことか、
覚悟していても 簡単ではなかったかを 私たちの言葉とは違い
正直に、また的確に記してくれました。

今回本当に良い経験をさせてもらったと 
前だけを向いて ボブの本当の赤い糸探しを再スタートです!

当のボブですが 私の姿を見たとたん
「あっ、また終わった」と理解し シュンっとした何とも言えない表情をしていました。
最後と分かっていても 2週間でどれだけ信頼していたかを表すように
お別れの際もピョンピョン甘え、抱っこしてもらって撫でてもらっていました。

CIMG9961_20111108143353.jpg
きっと一番泣きたいのは 辛かったのはボブ。

ボブに変わらない飼い主、家族とのご縁を繋げられるよう
ボブを少しでも理解して貰えるよう 日々の様子を綴りながら頑張ります
CIMG0007_20111108142526.jpg
全く噛まずにどこを触っても 手を出しても大丈夫な甘えたチワワのボブ。
でも最初 噛み、威嚇するボブもいます。
どちらの ボブになるかは その人次第。
CIMG0005.jpg
本当は人が大好きで 甘えたくて 頼りたいボブなのです。 

ボブの日々の様子はコチラから→「仮宿日記」
立ち直りの早いボブ(笑) 仮宿で一番の甘えたに変身しております
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
ボブを甘えたチワワに変身させてくれるご家族大募集中です~

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

チリンチリン♪

『ボブ』の姿、思い出しましたi-191

『ボブ』の最初の威嚇に懲りない人間もいるって伝わってきたかなぁ。。

ずーっと、穏やかな顔でいれる日は、必ずくるから大丈夫i-228
すでに、そのくつろぎ顔i-196ほんま人間、見てるねぇ~
なんで、人間の皆さんナメられないでくださーいi-234


ニクさん、ボブの最初の姿は忘れてください(笑

全く噛まず、どこ触ってもO,K
甘えたチワワになっているので
違う意味でどう初日~をお伝えしようかと
迷っています^^;

噛んでも迷い
噛まなくても迷い (笑

「この人は自分を裏切らない」それだけで
噛まれないワタシには
「ボブを一生手放さない、裏切らない」ということだけで
いけるンだけどなぁ・・・です^^;

ごめんない

コメントの絵文字、間違ってしまいましたi-282
『ボブ』に初対面からi-191←このような感情、もったことないですぅ~i-238

今でも、「一頭飼いならワタシは飼えるタイプです♪」という気持ちに変わはなくi-178
『ボブ』は初日から全開で、それ以上はなく
個人的に、愛くるしさは増すばかりの日々でしたi-228

ありがとう、『ボブ』

ニクさん~
i-191は気にしても誤解してもないです~^^
でも、私は最初の噛み、威嚇は
「あんた数日の間のみそれさえせんかったらすぐご縁あるのにi-191」と
損な性格に「i-191」でした^^;
私も全然飼えるタイプで
日に日に甘えたの可愛い姿にボブよりも接する人間の問題ではないかと
多大なボブ贔屓が出てきてしまい困っておりますi-237

またプチでお願いする時もあるかもなので(爆)
信じた人は忘れない姿に
もっと愛くるしさが増すかもです~(笑)

どのような事があって里親希望から 外れるのですか?読んでみてもいまいち予想しにくい所があって。里親希望するには ホントに色々シビアな面があるのですね…

はるさん、コメント返しが遅れてすいません。
HPの「里親になるには」の項目をまずはお問い合わせの際記載して頂くのが基本になります。
次はその内容を見てその仔その仔の性格なども考慮してお返事をすることになります。
もし疑問があればお問い合わせでその直接的な項目?疑問?を聞いて貰ってもいいかと思います^^
希望を頂いてすぐにお話をすすめられない場合もありシビアな部分は確かにあるかと思います。
ボブに関して言えば、先々のお子さんの有無や(子どもを噛むのが処分理由なので)
里親さんに何かあった際他人にお世話をすぐ頼める仔ではなく、
また散歩中や来客など他人を噛んでしまったら責任問題にもなりますので
(信頼していない人を最初噛んだり威嚇などあるので)
お話を進めるときは飼育経験や対処へのお考えなど立ち入った事を伺うかもしれません。
これはボブに対しての事なので基本的な条件と後はその仔その仔で変わってきます。
里親になること自体はそそこまでシビアではないと思うので^^
疑問があれば此処で聞いてみられてもいいかな?と思います。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。