赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 里親会&チャリティーバザーのお礼 ②BLOGTOP » 未分類 » TITLE … 里親会&チャリティーバザーのお礼 ②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里親会&チャリティーバザーのお礼 ②

報告が溜まっているのにUPが遅れております(いつもの事?^^;)

土曜日は里親会に参加した保護犬たちにも沢山の方が会いに来て下さりました。(感謝)

CIMG9920.jpg
参加した募集中の仔の紹介を・・とデジカメを見ると全然写真撮ってな~い
自分が連れて行った仔の写真すらな~~い
何ともお恥ずかしい限りですが 
私が抜けている分預かりさんがしっかりしておりまして
ばっちり参加犬たちの紹介をして下さっています
丸投げ感は否めませんが 
なんこさんが 前編・後編でUPしてくれています^^ →「ルル☆ニコメモリー」

お礼①でリンクができてなかった(汗)コチラでも→ 「ミッキー組」

これまたリンクのできていたなかった(大汗)てるさんのブログでも→「One agein」
来てくれた仔たちに合わせ参加した仔たちもUPしてくれています^^

唯一自分のデジカメに写真があったのが、
まずはプードル×ダックスのMIXと思われる翔@かっ君。
CIMG9934.jpg
(かっ君を連れてきて下さりありがとうございますm(--)m)
重い心肥大があるのを忘れてしまうかのように日常を過ごせているので淡い期待を持ってしまいます
それでも1ヶ月ごとのお薬を渡すときに袋の厚み、多さに現実に引き戻されるのですが・・・。
かっ君の心臓がどこまで持つかは誰にも分かりませんが
それでも穏やかで大らかな中にもお茶目で性格◎のかっ君が「Redの保護犬」ではなく
家族として迎えてもらい苗字ができる希望は かっ君の心臓が頑張る限り諦めません
 かっ君のまったり生活はコチラから→「まったり ゆっくり 幸せにね」

お次はミッキーママさんに名前入りの勝負服を着せてもらい参加したシーズー健@たけちゃん。
CIMG9938.jpg
後姿でも一目でたけちゃんと分かります^^
保護当時より毛がふさふさになっていて 育毛剤使用疑惑がでるほど(笑)毛量がUP
CIMG9941.jpg
たけちゃんの目の白さは白内障ではなく傷を放置で眼球が白濁した状態なのでドライアイの点眼は必要ですが、
その他はこれと言って持病もなく健康面で不安がない丈夫なおじいちゃま。
そして生たけちゃんは写真で見るより若々しくて可愛いです♪

写真はこれだけでしたが(汗

尿管結石の手術を済ませたラッキーも参加して良い仔さんで頑張り  
この日トリミングでもお世話になっているゆゆママさんと娘さんにお迎えに来てもらって
次回検査までの預かりをお願いしています。

またダックスひじきも預かりをお願いするH様もわざわざお迎えに来てくださり移動しました。

今回はバザー、保護犬の送迎、移動のお迎えと沢山のボランティアさんにお力を貸して貰い 
また差し入れや、フリマ用品を頂いたり、保護犬へおやつや 療養食など
沢山のお気持ちを頂きました。

  本当にありがとうございましたm(--)m

そして皆さんの力を借りて参加できた箕面in里親会&チャリティーバザーの売り上げ&お気持ちですが

  びっくりの 合計¥172160- !!!!

内訳は バザー売り上げ¥51860 里親様・ご支援者様手渡しご寄付¥71000 
    バザーのおつり不要や購入の際に入れて頂いたお気持ち ¥24250

そして残りの¥25050は数年前から里親会でそっと渡して下さる貯金箱の金額。
「共働きで里親になることも預かりもできませんが 夫婦で話して自分たちができる事を考えて」と
毎回お名前を名乗る事なくずっしり重い貯金箱を渡して下さり 
受け取った者がスタッフを呼び お礼をお伝えしようとすると もう姿はなく 
スタッフでもお顔を知る者はほとんどおらず お礼もお伝えできずにいます。

帰宅してから貯金箱を缶きりで開け、数えさせて頂くと
CIMG9943.jpg
沢山の1円玉、五円玉、十円玉、五十円玉、百円玉、五百円玉。
保護犬の為に日々コツコツ貯めて頂いたお気持ち、その積み重ねが山となり・・・
CIMG9945.jpg
金額の大きさもですが それ以上に温かいお気持ちの重みを感じさせて貰いました。

毎回バザー売り上げなどは1万からよくて4万程度なので今回の総額に嬉しい思いと 
沢山の医療費のお気持ちに 里親様や応援してくれる方々に
気を使わせてしまったのではと どこか申し訳ない気持ちも入り混じっています。

頂く際に「高齢の仔の保護や検査、手術続きで大変と思って」と心配もして頂きました。

行政機関から一般への成犬譲渡が少しずつ前進していいるので
昨年から新たに入っている某所では一般の譲渡対象にならない
シニア域の年齢、持病や健康面で何かありそうな仔の打診のみになっています。
引き出しを決めると当然医療費負担は増え 持病があったり手術が必要な場合お声が中々の仔も出てきます。
でも問題のない若い仔が一般の方でお声が掛かるなら 某所に入るボランティアとしては
譲渡対象にならない仔を少しでも引き出すのが できる事だとも思っています。

ヒーヒー言うこともありますが^^; 誰一人それを理由にしたり弱音は吐かない仲間たち。
自分たちの意思でその仔を出すと決めた限り 負担があるのも先が見えないのも当たり前。
細く長く続けることにこだわるより 目の前の仔にできることをして 
その結果 先々活動ができなくなっても悔いは無し。
自分の意思で犬たちにできることをする、したい。と思っての活動なので
心配させてしまってご支援やご協力を扇いでしまっていないか 反対に心配になってしまいました。

慣れない金額を頂くと 嬉しい中に戸惑いも出てきて 気持ちを上手くまとめられないのですが^^;
(どう書けばいいのか迷って丸二日経ってました
 
アピール下手、気持ち伝え下手、お礼下手の三拍子揃っておりますが
  保護した仔へと頂いたお気持ちの数々に感謝の気持ちで一杯です。

 頂いたお気持ちを大切に保護犬たちの医療費へ使わせて頂きますm(--)m

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
 
土曜日は夜小さな坊ちゃんのお返事を聞く日でもありました。(ドキドキドキ・・・)

    







  

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。