赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 嬉しい嬉しいご報告。BLOGTOP » 正式譲渡 » TITLE … 嬉しい嬉しいご報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい嬉しいご報告。

この暑さ何なんでしょう・・・・

全国で熱中症が続出中のようで、日中だけでなく夕方も夜も危険だそうです。

人間もですが体温調整のできにくい犬たちにも気をつけてあげなければいけない季節です。

暑い時間帯の散歩はしない、室内も節電は必要ですが 

設定温度を上げても犬も人も体調を崩さない程度で健康管理をしてあげてくださいね

さて、暑さの中飛び込んできた嬉しい正式譲渡のご報告!

仮母のてるさんが一足先に幸せ報告をしてくれています^^ →Once agein

てるさんが書いていますが、年齢からお声は遅いかな?と思ってたこいちゃん。

それが募集して間もなくまさか!の素敵なお声を複数掛けて頂き

またまたシニアだからお声が掛からない、遅いなんて事はないんだと勇気を貰いました。

性格◎、ひょうきんで面白くて、天然系の飄々とした性格で出会う人を笑顔にしてくれるこいちゃん。

そんなこいちゃんですが「腫瘍かもしれない。」と聞いていたので状態を見に行ったのは

長年一緒に過ごした飼い主に処分に持ち込まれた数日後。

CIMG7352.jpg

鳴くこともせず、人が通るとお迎えかと思って尻尾をブンブン振ってたこいちゃん。

じーーーっと見つめてくる瞳に目をそらす事ができませんでした。

でもそこはさすがこいちゃん。

様子をみたいので監房から出して貰うと、一目散に駆け寄ってくるかと思えば

ひゃっほ~い!とフロアを走り回り 手元に寄ってきたのは数分後のこと(笑)

こんな境遇に置かれても明るく、前向きなこいちゃんは 

その日は様子を見に行っただけのはずが 30分後には車に乗っていました(笑)

持込をされた仔の処分は基本翌日です。

今思うと こいちゃんの持ってる力。そんな引き出し劇だった気がします。

引き出し直後のトリミングもじっと耐える男 恋太郎。本当に良い仔さんで
CIMG7363_20110811131838.jpg

その後も無邪気に布おもちゃでちゅぱちゅぱ赤ちゃん仕草で遊んでました^^
CIMG7369_20110811131855.jpg

幸い綺麗にトリミングをして患部を洗浄してみると傷を長い事放置して化膿してただけで

良く食べ良く寝てよく遊び絶好調~だったこいちゃん。

そんなこいちゃんを希望してくれたのは皆さんが明るくて「笑顔の耐えない家族」その言葉がぴったりのご家族。

シーズーちゃんを看取られ寂しいお気持ちの中 お姉さんがこいちゃんを見つけてくれました。

こいちゃんが推定8才、もしかしてそれより年齢が高いかもしれないと聞いても

これからシーズーに出やすい持病が出るかもしれないけど 気持ちは変わらないと、

こいちゃんを待っててくれました。

どれだけ明るくて素敵なご家族かは写真をみれば伝わってきます。
b0217621_12295951.jpg
(お顔隠すのがもったいないほどまぶしい笑顔です^^)

どんな境遇におかれても前向きで純粋な明るさを見せてくれたこいちゃんにぴったりのご家族に迎えてもらい

恋太郎はRed-string&保護犬を卒業です

こいちゃんの嬉しい報告と共に昨日はもう一つ嬉しい事がありました。

整復術で固定していたポメのなずなですが、

昨日いつもお世話になっている先生にレントゲンフィルムを持って診断を仰ぎに行ってきました。

複雑な症状で機材や器具が無い場合は設備のある大きな病院を紹介して頂くのですが

レントゲンを診た結果、先生の許で股関節も膝のパテラも同時に手術が可能だと分かりました

人間の勝手で不幸な境遇に置かれた保護犬たちが新しい飼い主さんに迎えられ幸せになってくれればと

いつもいつも良心的な費用で(←この言い方は好きではありませんが他の表現方法が思いつかず・・)

保護犬たちへ最大限できる限りの医療を施して下さる先生。

他で手術をするよりかなり医療費が助かるのも確かですが そこは例え一般でする事になってもどこでしても

手術をする限り医療費については覚悟を決めていたので

費用だけでなく日頃から保護犬たちへの対応や診察に大きな信頼をおける先生に執刀して貰えることは

費用以上に手術や術後のケアや判断にしても本当に心強く安心なのです。

そして、急ではありますが本日なずなはW脱臼していた左脚の股関節と膝の手術を受けることになりました。

膝のパテラについては日々の生活で気をつけ、様子をみることも考えましたが

股関節についてはなずなの外れる度の激痛から精神的、身体的負担を考えて

できるだけ早く手術をしてあげたかったので先生の有り難い申し出に翌日の手術を決めました。

術後数日入院して週末にお迎え予定です。

脚を治すのと合わせて これからとびっきりの幸せを掴めるよう小さな身体でなずな頑張ってきます!


↓保護犬たちが目に留まるようぽちっとして頂けますように
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

頑張るなずなの為に涼しくなったらフリマがんばるよー!
昨日はなずなの痛みを取り除ける未来に空気さえも前日より美味しいと感じちゃいました(笑)












スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。