赤い糸通信

もう一度幸せの赤い糸を繋げたい

10月« 2011年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々です。。。

色々な事がありすぎて、重なり過ぎて何から書けばいいのか・・。
こういう時はまずは頂いた嬉しい報告から。



それは先週飛び込んできました。(UPが遅いけど

てるさんのブログでご存知かと思いますが →「ocne agein」
アメコカのノア改め佳奈ちゃんが里親様の許で白内障の手術を受けさせて貰い
一度は諦めた視力を取り戻す事ができました

先月の箕面で会った佳奈ちゃんには監房でひとり丸まっていた過去の面影は一切なく、お転婆でおキャンなお嬢様姿。
CIMG9931.jpg
譲渡後 乳腺腫瘍の摘出に皮膚のケアと健康面で手を掛けて貰い、
いつも家族一緒で、色んな所に連れて行ってもらい、毎日の楽しくて愛情一杯の温かい生活だけで十分幸せでしたが
佳奈ちゃんに「見える世界」を教えてあげたいと 手術を受けさせてくださったお父さん、お母さんには感謝しかありません。

眼圧が高くて手術ができるかどうか、入院も長くて、見えてからも眼圧を安定させる点眼が欠かせない状態。
いつも明るくて元気なお母さんも押しつぶされそうな不安と一生懸命闘ってくださいました。

佳奈ちゃん、佳奈ちゃんももよく頑張ったけど、尻に敷いたつもりで敷かれてたふりをして
大きな愛情で包んで支えてくれているお父さん、お母さん、ゆうと兄ちゃんも一緒に頑張ってくれたんだよ。
(ゆうと君佳奈ちゃんが入院中 佳奈ちゃんがいないストレスからか?お腹崩したんだって。ホント優しいお兄ちゃんだね)
家族っていいね。 おめでとう、佳奈ちゃん!

  ~   ☆   ~  ☆   ~   ☆   ~  ☆   ~   ☆  ~

次は保護犬の健康面の事。

先週はパピヨンラッキーの尿管結石の今後を担う造影剤を使っての詳しい検査でした。
膀胱に尿がぱんぱんに溜まる原因になっていた尿道の結石は摘出していましたが
腎臓から膀胱へ繋がる尿管にまだ結石が残っていたので、自然に落ちてくれる事を祈っていました。

CIMG9893.jpg
(ラッキー本犬は現在元気そのものです)

結果は・・・
残念ながら尿管の結石はまだ残っていました。

造影剤を入れて現在の状態を確認すると、液を入れた後は結石の影響で詰まり気味で尿管に拡張が見られるものの
隙間があるようで少し後のレントゲンでは尿管から膀胱へ流れている様子が写ってて
現状では狭いながらもちゃんと流れている事が分かりました。

膀胱から腎臓へ繋がる尿管はとっても細く、場所的に尿道と違い術後の縫合時に
管が狭まらないようカテーテルを入れて管理しておくことができないので
縫合する事で管が狭まり、最悪引っ付いてしまい摘出する事で管が詰まると言うリスクが高いので摘出は見送りました。

手術で摘出できるものならしてすっきりした状態で募集をかけてあげたかったですが
こればっかりはどうしようもありません。
CIMG9891.jpg
(ラッキーはラッキーで変わらないですが)

今後ですが、これ以上結石が溜まらないようにこのままHPコントロール食を続け
時間が掛かっても少しずつでも自然に落ちていくのを願って現状維持か少しずつの回復を願う事。

尿道結石で摘出した石の成分分析の結果からヒルズのHPコントロール食が成分的に良いようで
ドライもウエットもラッキーは抵抗なく喜んで食べてくれています。(助かります)

今後の先の事はどう転ぶか分からないですが
最悪のケースを伺ってみると、もし現在隙間がある尿管が詰まってしまった場合、
尿管が拡張して腎臓にも影響が出て水腎症を起こすそうです。
ただラッキーの尿管は片方の腎臓に繋がる部分なので最悪片方が水腎症を起こし機能しなくなっても
もう片方の腎臓に繋がる尿管は現在結石もなく腎臓機能も正常なので片方の腎臓で今後も生活でき、生命の危機とはなりません。
犬の慢性腎不全は腎臓機能の3/4が機能しなくなってからと言われているので
もし尿管結石が原因で片方の腎臓が機能しなくなっても半分が正常で残れば良い。と考えることもできます。

先の先の不安を言い始めると、高齢になって腎臓機能が衰えてきたら慢性腎不全になりやすいのかとか
また残てる結石が何年後に詰まるのか詰まらないのか、
いつどうなるのか、自然に落ちて回復に向うのか、現状維持でいけるのかは誰にも分からない事です。
(最低半年に一度、最善は3ヶ月に一度は尿検査などで経過観察が望ましいです。)

症状は以前からあったはずなのでもしもっと早くHPコントロール食で蓄積されないよう気をつけて貰えたら・・
今の状態はラッキーには何の罪もない事です。
現在の状況と今後できることの目処がついたラッキーは正式に募集をスタートさせています。
現在元気そのもののラッキー。
CIMG9878_20111129230032.jpg
まだ6才のラッキー。
前だけを向いて、きっとラッキーの今を受け止めて未来をくれる本当の家族からお声が掛かると信じたいと思います!
ラッキーへのお問い合わせお待ちしていますm(--)m

そして辛い報告は、
募集を掛けてお声をまっていたポメのなずなですが一旦募集を停止しました。

膝・股関節のW脱臼で泣き叫ぶ痛みを耐えたなずな。
痛みでパニック状態という事で麻酔をかけられ、迎えに行った際の悲痛な目は忘れられません。
CIMG7912_20111129230727.jpg

ドクターのお陰で早期にW手術を無事済ませる事ができ、母さんがリハビリを頑張ってくれ順調に回復し
CIMG9469_20111129231045.jpg
時間を空けての3箇所の乳腺腫瘍の切除も頑張りました。
病理検査で良性と分かり、小さな小さな体で沢山の痛みと抱えた病気を乗り越えたなずなが
今度こそ大きな幸せを掴めるはず!と安心して募集を掛け、楽しみにお声を待っていました。

2011112322193469f.jpg
毛も伸びて益々可愛くなってきていました。

そんななずなが数日前から発作?痙攣?斜頸から始まる症状が出てきました。
回数も多くはなく、まずは足腰の痛みからでないか、またてんかん発作ではないか
投薬から様子を見て、原因が分からないようならMRIで検査も視野にいれていた所
昨日から回数が急増し、またその症状の際になずなに意識があり、それを自分自身が分かって辛そうにする様子。
今日も何度も発作?が出て、夕方には今までより時間も長く、母さんが急遽近くの病院へ走ってくれました。
(病院に着く頃には治まり普通の様子病院で発作が起きたら診断・推測しやすいですが、そう都合よくはいかないので動画で記録をしてくれています)
血液検査は異常なく内臓的な可能性はなく(限りなく低く)やはり脳に何か原因があるのかもしれません。
頻度が高いのにてんかんとは考えにくい様子から 早急にMRIの検査を受けたいと思っています。

発作の時のなずなの様子を見守る母さん、大きな不安と辛さの中頑張ってくれています。
なんでなずなにこんなに次から次からと降りかかってくるのか・・・考えれば考えるほどやりきれませんが
今は原因が分かり、症状改善の処置の特定ができることを願うしかありません。
症状が落ち着き、募集再開でご理解あるご縁を待てますように(祈)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
次の仔も待っているのに前を向けない時は
トライアル中の3ワンの事(寅・ひじき・もみじ)
お見合い予定の2ワンの事(たらお・栗)
幸せの足音への期待で前向きオーラで乗り切らないとです


スポンサーサイト

新入りはシーズー♂

昨日はエンジンフル回転で母さんが引き出しに行ってくれた新入生はシーズー♂の仮名 大左衛門 通称大ちゃん。
2011_1124保護犬0077

トリミングで綺麗さっぱりした姿ですが、大ちゃんを見に行った際は足は毛が伸び放題、顔もしゃもしゃで眼の状態を確認する時は毛をかき分けたほどで
これで前日「飼い主持込」ってありですか!?の状態でした。
毛伸び放題、汚れ放題どんな室内飼いだったんだ???

過去と共に汚い毛も綺麗さっぱりした大ちゃんは見に行った際のカットしたらお顔はきっと二枚目!
という予想を覆しての三枚目キャラ!?
2011_1124保護犬0045
お顔は三枚目でもいいんです。(二枚目ならもっといいけど(爆))
大ちゃん飼い主申告「10才」。ただ申告時 正確な生年月日はよく覚えていません状態。
怪しいと思いながらも電話で申告10才と聞いたらこれ以上シニアの仔は抱えられない状態で
まして高齢の仔を引き出してご縁を繋げてあげれなかったら・・と先々を思うと怖かったりもしました。
それがイザ出して綺麗にしてみたらチャカイ~元気~~で「10才ちゃうよな」の推定年齢だけで十分なんです。

左眼が白いのも結膜炎を放置で角膜の白濁が出てきているので加齢によるものではナシ。
現在点眼で白濁が改善されるか様子見中です。
「若い」とは口が裂けても言えませんが(行動と性格は4・5才の感じです)
二桁はいってない。皮膚だって歳を重ねた感じ・状態で無いし(食生活と不衛生で赤みがあり様子見中)7才前後が十分言えそうです。
(7才前後は高齢ではなく落着いた年齢です!笑)
個人的にシーズーって推定年齢が難しい犬種だと思います。
(小型犬は食生活やケアで状態に差が大きくて歯だけでは決められないので全般的に難しいですが)
目は傷つきやすく、皮膚が弱い仔も多く、心臓に問題を抱える仔も多い。
そして飼い主のケア次第で状態がかなり左右されるので 
できれば大ちゃんの推定年齢は実際に大ちゃんを見て、迎えてくれた飼い主さんの思う年齢が
これからの年齢にしてほしい。そう思える仔です。
反対に「高齢のシーズー」と言って大ちゃんに会って貰ったら「嘘やン!」と突っ込まれそうです

病院で会った大ちゃんは人にも犬にもフレンドリーで「好きなんです、そっち行きたいんです」と後ろ足をパタパタさせる仕草の可愛いかったこと♪
絶えずちょこまかちょこまか動いてシーズーにして珍しく(?)「チャカイ」と言わしめるほどですが
「ワンワン」鳴かないし、挨拶も優しくて乗ったりはしなくて尻尾全開で「好き好き」アピールをする良い仔さんです^^

マーキングがあるので早々(11/28)に去勢と歯石取りの手術。
2011_1124保護犬0073
(マーキング対策。おいどん腹巻姿です)
マーキングが落着いたら鳴きにくくて、明るくて元気で フレンドリーを絵に描いたようなような仔で
悪いところないんちゃう!?の勢いです。(チャカイけど^^;)

血液検査済み フィラリア- ワクチン摂取済み 心雑音ナシ。耳ダニ検便問題なし。
手術が終わったらいつでも婿入りできる大ちゃんです!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

落ち着いた年齢の仔たちの魅力を知ってみませんか?

●「里親会」&「チャリティバザー」のお知らせ● 


次回参加日程が決まりました
今回もチャリティバザーも行っております
年内最後の参加になりますので、是非ご参加ください

◇日時:2011年12月3日(土) 10:00~16:00
◇場所:箕面カルフール横 かやの広場
      大阪府箕面市西宿1-14-35

◇雨天中止になります
*当日バザーのお手伝いをして頂けるボランテイィアさんを大募集しております。
お問い合わせ&お申し出はRedHPよりメールお願いいたしますm(--)m

  ~   ☆   ~    ☆    ~    ☆    ~    ☆    ~

明日も新入りさんの引き出し。
明日は強力母さんが一日引き出しからトリミングと待っている仔の為に走ってくれます(感謝)

代表などはおらず、団体でもなく、また一人で活動をするのは時間的にも気持ちでも無理だけど
少しでも処分を待つ仔たちを救いたいと思う一人ボランティア数名の有志の集まりでRedとして活動を続けています。
(犬全般を4名。皆が苦手でできない会計&HPを一手に引き受けてくれる1名、そして多忙な中時間が空けば何でも動いてくれる1名の計6名を心は一ボランティアですがブログではスタッフと呼んでいます。)

常時動くスタッフで唯一大阪在住で一番動き、頑張らねばいけないはずの私が動けない時
遠いのに、隣県在住なのにフットワーク軽く動いてくれる心強い仲間がいるのでこーして続けてられています。
仲間にも、預かりさん、ボランティアさん、ご支援頂いている方々にも支えてもらっての活動。
誰一人、何一つ欠けても続かないと改めて感謝です

突然改めて感謝の言葉を言うと明日死ぬんちゃう?と突っ込まれそうですが(爆)
例え病気を抱えていてもまだまだ倒れるわけにはいきません。(病気抱えてないですが^^;)

現在Redにはお声がさっぱりのシニアと言われる年齢の仔が数頭。。。
個人的にはシニアとか高齢とかは10才(二桁)からと思っているので7才とか8才の仔は
シニアというより「落ち着いた年齢の仔」と思っています


でもその年齢でお声が中々なのであれば、保護して抱えるだけではそれこそ無責任。
毎回「絶対お声掛かる!」と思って引き出すのでピーターと狼にならないよう(汗)
「落ち着いた年齢の仔」の良さを知ってもらえるよう頑張らねばです

そして後は毎回引き出しを迷う年齢や症状があっても 絶対に大丈夫!根拠のない自信を(強がりとも言う
確信に繋げてくれるのは迎えてくれ、幸せにしてくれるご家族との出会いがあるから。
そして迎えて下さるご家族がいるから次の仔の保護もできます。
若くはないかもしれないけど、魅力たっぷりの落ち着いた年齢の仔たちにも目を向けて頂けますように。

↓良い仔でお迎えを待っている&3日の箕面の里親会に参加予定の落ち着いた年齢の仔たちです↓


雛鳥からアザラシなり、そして毛ふっさふっさのシーズーに変身した健@たけちゃん。
持病もなく元気なおじちゃま(笑)ひょうきんなたけちゃんワールドの魅力にはまってみませんか?
20111106103135782.jpg
たけちゃんの日々の様子はコチラから→「ミッキー組」

マイペースで手の掛からないマルチMIXのしじみちゃん。
表情が豊かになりとってもキュートなレディー。まだまだ若いもんには負けなくてよ!の美貌です。
b0217621_2155383.jpg
しじみちゃんの日々の様子はコチラから→「Once agein」

良い味出してる三四郎@さんちゃん。穏やかで大らかな雰囲気はさんちゃんならでは!
マイペースの中にも人が好きで寂しがり屋さんで「側にいてくれればいいです」の多くを求めない男です(笑
20111121235107813.jpg

そしてシニア枠と言うにはあまりにも忍びないポメのなずな姫。まだまだ6~7才でっせ!
痛い脱臼も手術も乗り越え、乳腺乳腺腫瘍の切除も頑張ったなずなちゃん。
お留守番もできるし、子供も大人も人が大好きで小さな可愛い良い仔さんです~♪
20111122002111fcd.jpg
三四郎&なずなの日々の様子はコチラから→「黒ラブクズルのお馬鹿な日常」

特別枠はMIXの翔@かっ君。推定年齢はまだ7才程度ですが心臓肥大があるので心配する事もあるけれど、
当犬はいたってマイペースに日常生活をまったりと謳歌しています^^
犬にも人にも大らかで優しくてどこまでも平和主義者のかっ君と一緒に過ごしてみると必ずやその魅力にはまります!
CIMG9934.jpg
かっ君の日々の様子はコチラから→「まったり ゆっくり 幸せにね」

まだアダルト年齢から こちらも特別枠のパピヨンのラッキー。年齢6才。
今週残っている尿管結石がどうなっているかの検査です。
本犬いたって元気でとっても賢いラッキー。ブログで見るラッキーは気品漂う紳士です^^
PHコントロール食でラッキーの結石と上手に付き合って頂けるご理解あるご家族からお声が掛かりますように(祈)
b0237894_140261.jpg
ラッキーの日々の様子はコチラから→「yuyumami」

ヤングワンの参加犬の紹介は次の機会に~ (ってヤングワンが少ないけど^^;)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
 良い仔で待っている仔たちが新年を本当の家族と一緒に迎えられますように。

明と暗。

昨日は新入生の引き出し。
早く引き出してあげたかったのだけど時間がなく先延びしそうになっていた所 
助っ人登場!引き出しから病院から移動までHさんが一日走り回ってくれました。(感謝)

新入生は雑種♀ 推定9ヶ月~ 仮名「クッキー」 体重8.5キロ程度(変動あり)
クッキーの引き出しに関しては 人(飼い主)によって犬生が大きく変わる明暗をまざまざと見せられました。

思い起こせば今年6月。
河川敷で捕獲され、その経緯から人慣れをしていない4ヶ月程度の仔犬の打診があり様子を見に行ったのがこの仔たち。
CIMG0718.jpg
CIMG0717.jpg
2~3ヶ月の可愛い盛りの子犬は一般でも希望が多く処分に回ることはありませんが
この2頭は何週間経ってもあまりに人を怖がるのとすでに4ヶ月~経っていて5キロオーバーだったので
すぐに決まっていくのはもっと小さい子犬たちばかりで中々お声が掛からず残っていました。

手前の♀の方が幾分マシで♀の方が貰われやすい。という事でまずは奥の♂を引き出し健太と名付けました。
人には固まっていましたが犬は大好きで募集をかけて1週間で素敵なご家族さまからお声が掛かりました。
CIMG0803_20111121164124.jpg
(犬がいると安心して仔犬らしい可愛さを見せてくれていました^^すでにそこそこ大きかったですが^^;)

人はまだ怖く犬がいる事で仔犬らしさを見せていた健太でしたが
希望者さま宅は健太一頭飼いになるので人馴れという部分で時間が掛かるかもしれないとお話をしていました。
しかし歴代行き場の無い雑種の仔を迎え、大切に育て看取ってこられたご家族さまだったので
不安なく安心して託すことができ、迎えて頂いてからも大切にひとり息子としてご家族の愛情を受けています。
セコムの様子はコチラで見れます→「secomecoda」
ブログで見るセコムの変身ぶりは気長に大らかに包んでくれたご家族の愛情のお陰です

セコムの卒業と同時に兄弟犬で最後となる♀も一般でお声が掛かり譲渡になったと伺って安心していたのですが
先月その仔が戻ってくると知りました。
理由はまだ人を怖がり、家族にも懐かず「他の家の仔みたい」だそうです
4ヶ月近く一緒に過ごし今更?の理由に言葉も無いです。

セコムが居た某所では譲渡の際 実際に見てもらい性格や経緯などを話した上で某所の条件と
(年齢、仔犬は高齢者は×、集合住宅や賃貸はペットO,Kか契約書の提示など)
お届けは職員さんが実際にご自宅に連れて行き飼育環境の最終確認をします。
そして譲渡後も飼育に問題がないか1ヶ月~を目処に再度自宅まで調査に行かれます。
結果から言えば戻ってきていると言われればそうかもしれませんが
ボランティアではなく行政として職員さんができる範囲でこれ以上を求めるのは中々厳しいかとも思います。
(市町村レベルで対応の差が大きい某所。以前他府県ではマスメディアで話題になった人馴れしていない犬に譲渡希望が殺到し自宅確認もなく抽選で外飼いで年配の方に決まり譲渡した結果出戻った仔もいたり

一般譲渡の話を時折伺うと近況報告やお礼のお手紙や写真を送ってくれる素敵な里親様との出会いも多い反面
譲渡前に色々な可能性やお話をして見てもらった上で譲渡しても
譲渡後病院で病気が分かったら(高額治療費がかかるようなら)返しにきたり苦情を言ったり
推定年齢が掛かり付けの獣医さんに高く言われたら「年齢違い」で戻したり
譲渡後に年月が経たずに病気などで死んだら苦情を言ったり
行政から「迎える側」である飼い主の意識や責任感の低さも一般譲渡への足かせの一つであるように思います。

セコムの幸せ姿をブログで見ていた分やりきれない思いで4ヶ月も経ち戻って来たクッキーを見に行くと
CIMG9840.jpg
セコムと居たときの面影があり、優しいお顔をしていました。
右目の下の黒毛も足のソックスのような白い柄も4ヶ月前にセコムを守るように寄り添っていた時と同じ。
人は怖くて仕方が無い様子でしたが 威嚇や攻撃性は皆無。
全身どこを触っても固まっているだけでお口が出ることもありませんでした。
散歩に連れて行こうとしたら
CIMG9784.jpg
最初嫌がっていましたが他の仔と一緒に連れて行くと少しは安心するのか歩いてくれました。
(パピヨンのラッキーがこの時の散歩のお供でした^^)
推定9ヶ月~10ヶ月と言っても8~9キロあるので仔犬という雰囲気ではないかもしれませんが
(足が長いスレンダー美人なので写真でみると実際より大きく感じます)
心は捕獲されて人が怖くなった4ヶ月の時と同じ、社会勉強も人の温かさにふれるのもまだまだこれからです。
セコムもご家族には甘えたさんだけど、家族以外の人はまだ苦手のようです。
でも家族に大丈夫になればそれで十分ですよね^^

同じ兄弟犬でも貰われる人によって「明」と「暗」に分かれてしまったこの4ヶ月。
取り返しのつかない過去のことを言うよりも
クッキーのこの先10年以上の長い犬生が幸せになるよう、ご理解のあるご家族と赤い糸探しスタートです!

クッキーの日々の様子はRedで唯一の中型~大型O,Kの貴重な預かりさん、
ラッキーママさんのブログから→「luckysdiary」

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
クッキーを某所に連れてきた元飼い主は「里親」でもなければ「戻した」のでもなく「処分に持ち込んだ」です。
自らの手で処分に持ち込む人間は二度と命を迎えてほしくないです

シンデレラボーイ・リアンの卒業。

●「里親会」&「チャリティバザー」のお知らせ● 


次回参加日程が決まりました
今回もチャリティバザーも行っております
年内最後の参加になりますので、是非ご参加ください

◇日時:2011年12月3日(土) 10:00~16:00
◇場所:箕面カルフール横 かやの広場
      大阪府箕面市西宿1-14-35

◇雨天中止になります

今年最後(の予定)箕面での里親会&バザー。
来週には懲りずにまたシニアの引き出しを控えバザーも頑張らなければですが
一番はシニアの仔、中々お声が掛からない仔たちに
実際に会って貰ってその可愛さや年齢を感じさせない元気の良さに触れて貰える機会です。
シニアに問い合わせの一つもない現状を見ると推定年齢で躊躇されてしまうのかもしれませんが
その仔その仔の可愛さ、シニアの良さってホント沢山あります。
きっとネットや文字だけでは伝わらない良さに触れて貰えると思いますので会いに来て頂けますようにm(--)m
(参加予定犬は追ってご紹介しています)

 ~   ☆   ~   ☆    ~  ☆   ~   ☆   ~   ☆  ~

10月29日の箕面の里親会でしっかりと運命の赤い糸が繋がったラッキーボーイのリアン!

201110292020232ad.jpg
(里親会での写真がないのでなんこさんから頂ました~)

当日はまだ去勢前で正式募集も掛けておらずお見合い予定も何も無かったのですが沢山の方に見て触れて頂きました。

そんな中リアンのことで・・とお声を掛けてくださったご夫婦がいました。
もしかして当日運命の出会い!?なんて思ってお話をすると「鳥取から・・」という言葉。
そこでピンっときたのが以前ダックス優ちゃんの時に
「遠方という事とお留守番時間があるのですが」と丁寧な希望メールを頂いた時の事でした。
優ちゃんは幸運にも近くでお声が掛かりお見合いが決まっていたのでお話は進められなかったのですが、
(優ちゃんはそのまま素敵なご縁を掴み幸せ生活満喫中です^^)
メールのやり取りをし、毎回丁寧なお返事の内容が印象にあったので「鳥取」と聞くとすぐに思い出されました。 
まさか数ヵ月後に箕面に来てくださるとは思ってもおらず
私なら遠方からリアンに会いに行きまーす!と前もって言いそうな所^^;
ご夫婦で前に出る訳でもなく、でも内に秘めた温かい思いを持ってリアンに会いに来てくださっていました。

それからお話を進めさせて頂いた訳ですが
「リアン君まだ募集掛けていないので近くで良いご縁があるのならお留守番もある遠い我が家では可哀想かと」
自分の希望を主張する前にリアンの事(相手の事)をまず思いやる気持ち、
そのお話の内容や気持ちが何だかリアンの性格に似ていて(?)ぴったりで心の中でリアンの赤い糸見たかも。と勝手に思っていました。

お留守番はない事にこしたことはありませんがお留守番が問題でない仔にはそれだけが「支障」にはなりません。
家庭が保護場所なので預かりさんの中にも、スタッフの中にも日々先住犬にも預かりっ子にもある所もあり
また日中のお留守番がなくても夜寝る時に別部屋は時間的に「お留守番時間」と同等とも思え
今のご時勢、共働きって珍しくないのでお留守番のできる仔はご縁の条件には入れていません。
一番はフルタイム程度のお留守番の時間よりもその生活に慣れさせ、生涯愛情を掛け大切にできるか。
例えコチラがお留守番少なくでないと難しいと思う仔でも心配をよそに問題行動を乗り越え
一緒にいれる時間に愛情かけて大切にして貰えたら「お留守番時間」だけで断ることはありません。
(日々仕事やボラで愛犬にお留守番をさせている自分への慰めでもあります

話が飛びましたがリアンの場合ママさんが気にされていたお留守番時間以外はもってこいの素敵なお話で
後は「お声がなければ」ではなくて「募集前でもリアンを希望し、リアンを迎えたいと思って下さる気持ち」
そこだけ前に出してもらえるかちょっとだけ求めさせて貰いました。
へへへ。そんなやり取りも全てリアンにぴったり。とこれまた内心思ってました

内に秘めた思いに触れた通り希望者のO様の思いは言葉以上に行動が全てリアンの為でして
去勢が済み(片睾丸で奥まっていたので開腹手術となり抜糸まで通常より少し先延びしました)
最短でトライアルの予定を経ててくださり、遠方なので「トライアル不要」の思いでリアンを迎えて下さいました。
CIMG0181.jpg
(明るく気風の良いパパさんに撫で撫で~)
CIMG0183_20111119132017.jpg
(緊張気味リアンも段々へそ天に~)
トライアル後もリアンの様子をメールで下さり、お留守番は慣れるまで3時間程度とあれ~の高待遇で(笑)
初日から順調そのもので翌日からお膝に顎を乗せプチ甘えに 夜は一緒に寝てもらえるのでママさんのお布団に潜り込み
グイグイいくリアンではないですが、そのリアンがこんなに!?というほどリアンの謙虚な甘えっぷりの様子(笑
何の問題もなく、1週間の様子お伺いを聞く間なく正式譲渡のお返事が届きました。
そのメールにはお風呂に入ってるママさんを求めてドアを鼻で開けてお風呂場に入って来たエピソードにニンマリ。

そしてママさんが下さるメールには「リアンがいる生活が幸せです」という言葉が毎回あり
亡くなった先住犬ちゃんを失った悲しみをご自身のペースで乗り越えられ、不思議な気持ちで次の仔を考えられるようになり
そして巡り会い、迎えたのがリアンであったことの「運命」を感じました。

「宿命」と「運命」との違い。
私は運命はある程度自分で手繰り寄せることのできるもの、気持ちの持ちようであると思っています。
人でも男女の関係だけが「運命」ではなく性別、年齢、条件関係なく出会いがあり
自分を変えれる、変われる出会いや思い出深い出会い全てが後から考えると自分にとって何かしら運命。
同じ様に犬でも猫でも他でも命との出会いを自分が「運命」を感じるかどうか。
ママさんは丁寧で謙虚なメールからのやり取りを一度はお話を流れても
こちらからの働き掛けではなく、ご自身の思いと行動でリアンとの出会いを「運命」に変えて下さったと感じています。

ほんわか優しさがじ~んと感じられるパパママさんに迎えられリアンはRed-string&保護犬卒業です
CIMG0185.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

1ヶ月でソッコー卒業したリアン。
数ヵ月後、数年後も脱いでない穏やか・鳴かない・謙虚性格か!?
リアンの変化を見てみたいです(笑)

新入りダックス♀。

本日引き出しのダックスはダップル柄の可愛いお顔をした女の仔。
CIMG0210.jpg
この仔は先に引き出したひじきと一緒に持ち込まれた仔です。
正確に言うと、元飼い主はダックス3頭、猫2頭、合計5頭もの尊い命を処分に持ち込みました。
初めて監房で一緒に身を寄せ合う3頭を見た際、何とか一緒に出してあげたいという気持ちはあったのですが
リアンの保護が決まっていて、3頭よりも先に収容されていた栗たんもいたので
「一緒に」という気持ちを押し殺し待たせていました。

できるだけ早く、と思っていましたが他の某所から期限の無い仔の打診も入り引き出しもありすぐとはいかず
その間に3頭の内のもう一頭の仔は「わんLOVE」さんが引き出しされていて(感謝)
この仔が一番最後の引き出しになってしまいました。
ちょっぴり待たせて最後になったけどちゃんと迎えに来たから許してね。
(猫ちゃんの行く末が気になるのですが・・某所には猫ボラさんも入っているのでどうか命が繋がれていますように(祈))

Pママさんにシャンプーして綺麗にして貰い(感謝♪)恒例のお見合い写真を撮って貰いました(笑)
2011_1116_172121-CIMG6602.jpg


ひじきも一頭になっても全然平気だったようにこの仔も全く平気。
これからは3頭別々の道(ご縁)に進むことになりますが 今度こそ二度と捨てない優しい家族との出会い探しです。

夜の診察で血液検査・耳ダニ・検便 問題なし。フィラリア-。狂犬病&ワクチン接種済み。
性格も穏やかで(今の所?^^;)人懐っこくて良い仔ちゃん。

CIMG0214.jpg

それにしても各ボランティアが頑張って出しても出しても、次に行くと新たなダックスが収容されている現実。
ホントにどうにかならないものでしょうか(溜息)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村






思いが届いた!(笑)

「思いよ届け!」と心配していた翔@かっ君ですがすぐに思いが届き(笑)

ルルチッチママさんが病院に連れて行ってくれた結果(感謝)
数日の元気のなさは心臓とは無関係で検査で内面的に悪いところはなく 腰の影響と分かりました^^
(人間で言う一時的になるぎっくり腰にようなもので ヘルニアではないそうです)
元気がなかったのが腰と言うのがかっ君らしくて 安堵と共に笑っちゃいました。
何事もなかったから笑えるんですけどね

楽観視している訳ではなありませんが かっ君の普通の仔と変わらない日々の様子や
レントゲンで見た肥大に比べ咳などの顕著な症状がないので 
かっ君は予想よりもまだまだ頑張っくれそうな気がしています。
もし心臓の進行であれば募集も下げようと思っていましたが
精密な血液検査全く問題なく 肥大の状態に比べ心雑音もマシで元気な仔。という見解が出たので
(検査結果からの見解は獣医さんや飼い主の受け止め方によってと思います。
 また私がよく口にしてしまう「レベル」というの表現方法は無い。と以前かかった心臓の専門医に指摘されました
今のかっ君に「家族になってくれる?」と言って貰えるお声はまだまだ諦められません。

かっ君の傍にいて日々愛情を注いでくれている仮ママさんにこれからも体調面で
不安や心配をさせてしまうこともあるかと思いますが
それをお願いしながら一緒にかっ君の今後を考えていく上での診療方針は
・咳が酷くなりゼエゼエ言うなど肺に水が溜まってきた症状が出てきたら受診し利尿剤の投与。
・肝臓や腎臓など他の原因で体調を壊していないか。(これは今回の血液検査で心配ナシになりました^^)
・心臓が悪化した場合は・・・・これは正直どうしようもありません。
 後は器官圧迫で呼吸困難の症状が出るようなら(肺水が溜まった際にも)
 呼吸が楽なように安心した家庭でできる「レンタル酸素室」を視野入れています。

日々の投薬と何かあった際の対処療法しか有効的な治療はないですが
イザという時にかっ君が一番楽なように、かっ君が不安にならないように
診療方針やできること、すべきことの心準備、段取りを準備しておくこと。
そして準備してたら意外になーんにもなくて 拍子抜けすることも多かったりして(笑)
CIMG9484_20110911142714.jpg
今までもこれからも かっ君にみんなの思いが届きますように☆

  ~   ☆   ~    ☆     ~     ☆      ~    ☆   ~


UPが遅れましたが、もう一つ嬉しい思いが届いた報告です。

あれ?セラってもう正式譲渡になったの??

メーリングを見落としてて 募集欄の決定マークを見て気付き確認を取るアホ約一名

トライアルに入ってすぐに頂いた希望者さまからのメールや写真から
正式譲渡になると疑う余地はなかったのですが、それにしても早かった(笑)

寂しいとちょっぴり鳴く事もあったけど、
フレンドリーで優しくてアイラインを引いたような大きな目で見つめてくるセラは
「セラピー犬みたい」というような穏やかで何とも言えない雰囲気をかもし出していました。
CIMG7973_20111114123135.jpg
(某所での忘れられないファーストコンタクト時のセラ)

まさかこんな仔が飼い主に持ち込まれ、
大きい、後ろ足が何か変?(ベトベトで滑ってだだけでした)、若くは無い。という理由で
明日をも生きれなかったとは 信じがたいような仔。
CIMG9683.jpg
そんなセラはスタッフ誰もが「セラは大丈夫」思っていた通り、募集を掛けるとすぐにお声を掛けて頂きました。

トントンとお話が進んだのですが 一度目のお見合いは
セラをとっても気に入ってくださった素敵なご家族さまだったのですが
大型の先住犬ちゃんがいらっしゃって とっても優しい仔だったんだけど 
セラに少し焼もちもあり また体格差もあってセラがかなりビビってしまい悲痛な鳴き方をしました。
そのセラの怖がる姿に 希望者さまご家族も「セラちゃんが可哀想」とお見合いで泣く泣くお話は流れました。
楽しみにしてくれていたお子さんたちにもセラの事を最優先に考えて説得してくださったご両親のお気持ちが
お話は流れてしまいましたが 嬉しかったです^^

そんなこんなでお見合いを経てセラは体格差が大きい仔との生活は
セラの事を考えると難しい。と話していた時にご希望を頂いたのは

「実は、以前にも確かセラちゃんは募集がかかっていたと思うのですが。。。
預りの方のブログに、お見合いが決まったとあったので諦めたのです。
昨日、募集にまた乗っているのを見つけて・・(一部省略)
どうしようか迷ったのですが メールさせて頂きます。セラちゃんの あの目にやられちゃいました(^^ゞ
家族総出で甘やかしちゃいそうですが
もし まだ募集に参加させて頂けるようでしたら
よろしくお願い致します。」

セラ一頭飼いというのもぴったりだったのですがメールの「あの目にやられちゃいました」の言葉が「そうでしょう~」と嬉しくて(笑)
一頭飼いということでお話はトントンと進み、お見合いも問題なく
(里親になられた仔猫ちゃんがいらっしゃいましたがセラが友好的で猫ちゃんも時間の問題のようです)
希望者さまのセラに対するお気持ちがたっぷりで 心配なくトライアルに入りました。

トライアル初日にセラを連れて色々なセラグッツを買いに行ってくれた事、
トイレのこと、ご家族との関係、セラの様子など

「どんだけ 書くねん!
と、お叱りの言葉が出ない内に
おやすみ!させて頂きます。」

と書かれるほど(叱るなんて嬉しかったです^^)初日から嬉しい報告を頂きました^^
sera.jpg
(お家で寛ぐセラの写真の数々・・)

そんな感じだったのでトライアル3日目にはもう「セラは家の仔です」のお返事でセラはセーラとなりあっという間に幸せを掴みました

セーラの瞳に惚れこんでくれたママさんはお仕事場にも一緒に連れて行ってくれたり
セーラを可愛い可愛いとすでに溺愛が目に見えるようなのですが(笑)
男性が大好きなセーラ、お父さんや息子さんが帰ってくると大喜びで
ママがお風呂の時は寝ていて、パパがお風呂の時はドアの前で待っているそうです
セーラ、男性好きもほどほどにね(笑)
121.jpg
ご家族みんなの愛情を一身に受け アイコンタクトの女王セーラはRed-string&保護犬卒業です

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
次の卒業もダックスかな?で、今週は待たせたダックスの引き出し

思いよ届け!

毛たっぷりもじゃもじゃだけどヒーハーにクリソツだったたらちゃん(笑
 ゆゆママさんに可愛くカットしてもらい
b0217621_192768.jpg
すっきりさっぱり とっても可愛く変身しています♪

保護犬を家族に迎えられてから一念発起で学校に通われトリマーさんになられたゆゆママさん。
引き出し直後の臭い仔も毛玉だらけの仔もギュッと抱きしめてくれる温かさにプラスして
ゴールドフィンガーでもありいつもいつも保護犬を可愛く変身させてくれます。
  ゆゆママさんいつもありがとうございますm(--)m

ゆゆママさんは預かりにも手をあげてくださって現在パピヨン@ラッキーがお世話になっています。
CIMG9790_20111111132936.jpg
人の様子をよく見るな~ という印象だったラッキー。
ゆゆママさん宅で良い仔さんしてるかな?と思っていたらブログを始めておられました
賢いラッキーの様子はコチラから →「yuyumami」

話を戻して^^;かっこよく変身したたらちゃんは家庭に入って1才らしい行動が日々出ているようです。
8ヶ月とか1才とか、そんな時期はふれあい犬で「良い仔」でいることを求められるより
家庭で子どもらしいこと一杯させてあげたいですよね。
やっと子どもらしさを出せる生活を過ごせているたらちゃんの様子はコチラから →「Once agein」

もうお一方、お顔がもしゃもしゃだったヨーキーちゃんは残念ながらド素人にカットされました
CIMG0144.jpg
大人しくカットさせてくれ、また腕が悪くても基が良いので 散切りはお顔でカバー

お顔すっきりしたヨーキーちゃんは 卒業生シーズー一歩のママさんが迎えに来てくれて移動しています。
手一杯で動けないのを知って送迎からプチ預かりまで申し出て頂いた一歩ママさんに感謝です
犬だらけの我が家では「大人しい」が目立ってたヨーキーちゃん、
一歩家では物怖じせず部屋中の探検にベットの渡り歩きもしているようです(笑)

仮名は「この子の周りがおひさまのようなあったかさや明るさで包まれていますように、これからは日だまりの中お散歩も楽しめますように、という願いを込めました。」
で「サニーちゃん」になりました♪
今までひとりっこ生活を満喫中だった一歩は少し戸惑いと焼もちもあるようですがママさん頑張ってくれています。
サニーちゃんとの生活が一歩にとっても良い勉強になるといいね☆

新入生がトリミング&移動を済ませ落着く中 心配なことがあります・・・・

急激な寒さの影響か 進行があったのか 翔@かっ君が数日前から少し元気がないそうです。
血管拡張剤で血流を良くしているかっ君にとって寒さが堪えているのかもしれませんが
保護時のレントゲンで見た心臓は1年持つかもしれないし、でもいつ何が起こってもおかしくはないし。という状態。
頭で分かっていても覚悟していても 様子の変化がどれだけ不安で怖いことか・・・
預かってくださっているルルチッチママさんに辛い思いをさせてしまう位なら、と移動も視野に入れましたが
ルルチッチママさんは不安で押しつぶされそうな中でもかっ君を一番に考えてくださり
かっ君は家にいていいんだよ。と、かっ君に寄り添ってくれています。
頂いたメールには

「今の私は、カッ君がいなくなる事がとても怖く感じています。

でも、カッ君にとっては運命ですし、私にできる事はカッ君を穏やかに過ごさせてあげる事ですよね。

ルルチッチとも相性良く2ヶ月程一緒に過ごしたら完全にカッ君に惚れてしまいました。

カッ君の現実を受け入れる事がこんなにツライのかと、今頃になって感じている鈍感な人間です。

カッ君昨日よりは動けるようになっていますが、油断は禁物かな?

カッ君にもうちょっとゆっくりしていってよね!ってずっと話しかけているのですが、わかってくれているでしょうかね?」

どれだけかっ君が愛情に満ち溢れた生活を送らせてもらっているか。
かっ君にはママさんの気持ちもご家族の温かさも 掛ける言葉も みんな伝わっています。
かっ君の時がもう少し、もう少し延びてくれるよう、少しでも長く今の幸せを感じさせてあげたい。
CIMG9934.jpg
保護主としてというよりも ルルチッチママさん同様かっ君に惚れた一人として
かっ君が今しんどい中にも 温かいご家族のお家で過ごせている事が嬉しく感謝しかありません。

どうか かっ君の体調が落着きますように。
不安と戦いながらかっ君を見守ってくださっている ルルチッチママさんの祈りが届きますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

新入は可愛い女の子!

月曜日に引き出したシーズー坊ちゃんは「たらお」で「たらちゃん」と
お次は「いくら」か「さざえ」ね。の仮名をつけてもらいました。
b0217621_14245455.jpg
ヒーハーじゃなくてよかったね。
娘さんグッジョブです(笑)

たらちゃん健康面は問題なし。
目の傷はかなり深かったようですが 傷自体は現在快復中という事で点眼で様子を見て
凹んだ傷が盛り上がってきたら、血管を通す目薬に変えての点眼で
これ以上白濁が広がらないよう、視力に大きな影響がでないよう 完治を目指しています。
失明とか、萎縮とか真っ白になるとかでなさそうで一安心。

家庭で飼っていても傷で失明や視力に影響、真っ白になるケースも多々有るシーズー。
5年前に預かったシーズーおじいちゃんは 放浪時の傷から感染症で失明、
眼球の萎縮が始まりましたが麻酔がかけれない末期の腎不全だったので縫合もできず 
痛い時期の辛い姿も 完全に萎縮してからは くぼみに目ヤニが溜まり
毎日嫌な洗浄を我慢させるのもやりきれなかった。

だから ペギのかなでちゃんの時も 今回も、そしてこれからも 
目の傷を舐めたらあかん。軽くみたらあかん。
大袈裟と言われても出せる仔は「失明する、酷くなるから すぐ出させて下さい」です。
目だけじゃなくて 負傷した仔や治療が必要だったり 持病がありそうな仔も。
最悪のことを考えて 何もなければラッキー。 
進行してからでは、失ってからでは遅いから。

完治の可能性が0ではなく嬉しいたらちゃんの日々の様子と
トリミングで変身後の姿はコチラから →「One agein」

たらちゃんを引き出した翌日様子見で行ったのは
放浪で収容され公示期限が切れて処分に回ってきたヨーキー♀。
「歯の状態が酷くかなり高齢かもしれません」
それだけでもシニアばかり抱え込んでてもダメだよなぁ・・と
助けたい気持ちと 出せる状況にない現実が交錯していたのに
様子見に行く前日に「何かお腹が膨らんで 異様な感じがして・・」と聞き
見に行く前からかなりの覚悟を決めておりました。

個人的にヨーキーは「好き」というより「思い入れ」がある犬種です。
思い入れがあっても 出す・出せるは別で 自ら厳しいことも口にしていたんですが 
見送るときは どうしようもなく辛かったりも想像していました。 

で、多分他スタッフ誰もが「やっぱり」と思った通り
様子見が当日引き出しになっておりました

いや、決して確信犯ではなく 
病院が休みの日の様子見だから当日は出せなと思っていたんですよ。(マジで)
でも
CIMG0070.jpg
全然「高齢」に見えなくて(歯の状態はセメント状態の歯石&歯抜けでかなり悪し)

CIMG0066.jpg
ワンともスンとも言わなくて どこ触ってもO,Kで
ちょっとビクビクしているけど 人が大好きで
お腹の膨らみ?は確かに気になるけれど 少なくは無い出産経験有りのお乳で
この仔を無理とは言えません。と、このお口が勝手に動いておりました
お腹の状態を早く知りたかったのと 後日来る時間的余裕が無かったので 当日引き出し決定~
 
CIMG0073.jpg

心配したお腹の膨らみ(?)ですが 
本日の検査で エコーで妊娠&腫瘍 無し。
心雑音なし。血液検査16項目オールAで肝臓なども心配ナシ。
フィラリア - 検便・耳ダニ 問題なし。5種ワクチン摂取。

何にもありませんでした
一晩は妊娠?腹水?心臓肥大?とか色んな事が頭をよぎり
高齢ではなかったけど 健康問題があるかもの引き出しだったので
症状でお腹に膨らみがでるほど水が溜まってたり肝臓や腫瘍で末期なら我が家に置いときます。
なんて口にしていた自分が恥ずかしい

推測ですが何度も出産経験有りのお乳なので 
妊娠・授乳の時期に高栄養フードなどを食して
ちょっと歪な贅肉のつき方をしたのかな?と。
またお散歩を知らないようで外は怖く サークルにいつまででも鳴かずに入っているので
運動がほとんどない長年の生活のツケもあるかとも思っています。
体力&筋肉がないのも サークル生活を推測させます。

決して太りすぎではなく(2.9キロ)健康面も何の問題もないので 
これから適度な運動と食事面の改善で バランスの良い体系になると思います^^

推定5~6才程度の 「ひょこひょこ」歩く姿が何とも可愛いヨーキーちゃん。
「走る」ってことができないのか、知らないのか 性格も動きもホント大らかな仔です。
来週には避妊&歯の処置を済ませ これからは繁殖生活ではなく
温かい家庭生活を送らせてくださるご縁探しスタートです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
 お外が怖い仔が放浪なんて有り得ない迷子に見せかけて捨てる最低の行為。
    動物の遺棄は犯罪です。捕まらなくても捨てる人間の心は救いようが無いです。
    

戻ってきています(汗)

タイトル通り 先週土曜日から黒い小悪魔?が戻って来ております

最初に名前がなくても想像できて やっぱり って?

 いえいえ、ボブの名誉の為に

  「今回は違います!」

 と言わせていただきます。

今回ボブが戻って来ているのは「噛むのが酷くて耐えれません」ではありません。

時間を掛けて見て頂く気持ちで預かり兼トライアルスタート後から
コメントを入れてくださったように
希望者のKさんは ボブが相手を信用するまでの初日~数日を乗り越え
その結果ボブはKさんに対して日々噛まなくなり、
甘えたになり いつもKさんについてまわり
 抱っこをせがみ 一緒に寝たり抱っこしたり
不要な事をしなければ噛まれなくなり
Kさんも「飼い犬登録をして迎えようと思っていました」というお気持ち通り
ボブがKさんに甘え、頼り、信用するようになっていました。

日々頂くメールにボブの変化の様子が嬉しく、
これから時間をかけて色々なことがもっともっとできるようになると思え
ボブの卒業を予感させるものでした。

そんな中、今回トライアル兼気長に見てもらえる預かりを2週間ちょっとで終えてしまったのは
突然とも言える希望者さまの環境の変化というか 
人生の大きな岐路の一つとも言える出来事によります。

お見合いに進む前に 先々を考え立ち入ったことも伺うこともあります。
それは希望者さまを疑うのではなく 大切な命が二度と家族に捨てられることのないよう
飼育放棄される仔の理由で多い心配事を 一つ一つ確認し安心した上でお話を進めたいからです。

今回もそんな質問にも嫌な顔せず真摯に答えて貰い 安心をしていたのですが
最初には伺っていなかった 以前から沸々と抱えていた問題により
急遽飼育環境も希望者さまご自身も 今とは全く違う環境に身を置かれる事になりました。

ボブを連れてきて貰った際に ボブがKさんを信頼し、
抱っこも後ろからの持ち上げも、どこを触っても大丈夫になっていた姿に胸が痛み
私から見れば人生の先輩に当たるかもしれませんが 保護犬の事は別と
もし今のような状況になる可能性や、そのような状態が有り得ると聞いていたらお話は進めなかった事、
また今の状況になるのであれば ボブでなくても新たに犬を迎えられる状況ではないと
ボブを希望するなら尚更 もっと先々を見てほしかったと
私のボブに対しての申し訳なさもあり 口にしていました。

一番は 話を進める中で見極められなかった 私の力不足であった事を 反省しています。
犬に辛い思いをさせてしまうと いつも、どこまでも 足らない自分であると 痛感します。 

残念な結果にはなりましたが
Kさんが初日~数日の大変な時を乗り越え 噛むボブに負けずに頑張られたのは確かです。
ボブが最初を乗り越え甘えてくる私と預かりのニクさん以外の人でも 
その人次第で やっぱりボブは大丈夫!と教えてくれたのも確かです。
 
そしてKさんがコメントで残してくれた事、メールでくれた事は 
初日~数日の向かってくるボブの本気で噛むことが
経験がなければ 想像よりどれだけキツイ事か痛いことか、
覚悟していても 簡単ではなかったかを 私たちの言葉とは違い
正直に、また的確に記してくれました。

今回本当に良い経験をさせてもらったと 
前だけを向いて ボブの本当の赤い糸探しを再スタートです!

当のボブですが 私の姿を見たとたん
「あっ、また終わった」と理解し シュンっとした何とも言えない表情をしていました。
最後と分かっていても 2週間でどれだけ信頼していたかを表すように
お別れの際もピョンピョン甘え、抱っこしてもらって撫でてもらっていました。

CIMG9961_20111108143353.jpg
きっと一番泣きたいのは 辛かったのはボブ。

ボブに変わらない飼い主、家族とのご縁を繋げられるよう
ボブを少しでも理解して貰えるよう 日々の様子を綴りながら頑張ります
CIMG0007_20111108142526.jpg
全く噛まずにどこを触っても 手を出しても大丈夫な甘えたチワワのボブ。
でも最初 噛み、威嚇するボブもいます。
どちらの ボブになるかは その人次第。
CIMG0005.jpg
本当は人が大好きで 甘えたくて 頼りたいボブなのです。 

ボブの日々の様子はコチラから→「仮宿日記」
立ち直りの早いボブ(笑) 仮宿で一番の甘えたに変身しております
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
ボブを甘えたチワワに変身させてくれるご家族大募集中です~

新入生はピチピチのシーズー君。

ご家族の天使になったカリンの後に小悪魔君(爆)のお話はどうかと^^;

本日引き出しのシーズー君をちょっとだけ紹介です。

今回の新入り君は何と1才!
5才が「若い~」の感覚が染み付きつつあるので
1才と聞くとパピー感覚で「希望が殺到するだろうな~」と思う年齢。
しかも「ふれあい犬」(某所で市民の方に保護された成犬に触れ合ってもらう為の犬)で
基本 性格も健康も問題なし。 と分かっている仔。

この仔はちょっと前に某所で見ていて
毛は絡まりやすく定期的なトリミングが必要で
目が大きく傷つきやすいので「シーズー」という犬種が
ふれあいに向くのかちょっと疑問を口にして
もし何かあれば連絡ください。とお願いしていた仔です。

その通り連絡があったのは目が傷ついたのか症状があり
点眼を日々しているのだけど 改善がない という連絡でした。

お話を伺ってると進行はしてなくて毎日点眼をして下さっているということで
すぐには動けない状態だったので それから1週間後の本日引き出しに行ってきました。

CIMG0028.jpg
やってきたのは8ヶ月で飼い主に持ち込まれ 
若いのと性格が◎のフレンドリー君なので白羽の矢が立った(立ちたくはない)シーズー♂。
 えーと、かなり臭うんですが~
(目の状態があり シャンプーできなかったそうです)

ふれあい犬リタイアとなった(なってよかった)
 問題の右眼は
CIMG0034.jpg
CIMG0022.jpg
写真では分かりにくいですが点眼から丸2週間は経っていると思われますが
傷口は突起して血の染みが残り周りには白濁が出ています。

左目がかろうじて目ヤニだけで 問題なさそうなのが救いです。

夜には ラッキーを預かってくれているゆゆママさんにトリミングして頂く予定なのですが
さすがにこの臭いでは病院に行けないと^^;軽~くシャンプー。

お迎えにきてくれたてるさんからおやつをもらってウマウマ顔^^
CIMG0031.jpg
その足でてるさんが病院へ連れて行ってくれ 様子見予定。

右眼がこのまま白濁が進み視力に影響&ドライアイにならないよう改善があることを願っていますが
時間が経ってこの状態なので傷はかなり深いと あまり期待はしていません。

それでもまだ1才で、性格◎のシーズー君、きっとご縁に目の事は影響ナシ!
右目の傷があっても「こんなに若くて良い仔をRedで出しちゃっていいですか?」と思ってます
   シーズ君病院検査後、近日募集開始です

引き出し時日々お世話をしてくれていた5~6人の職員さんに見送られ
とっても可愛がってもらっていたようで周りからシーズー君の「お父さん」と呼ばれていた方には
最後まで甘えてひっついていました。
よかったね、たくさん可愛がってもらっていたんだね。

未だに「保健所には狼のような野犬やどーしよーもない犬が連れてこられる所」と
考えている方も少なくはありません。
その為 各地域でふれあい犬やモデル犬として 
保険所やセンターで捨てられる成犬譲渡の広告塔として
多くの市民の方に認知してもらうという 大切な役割を担っています。

でも清潔に保つには日々の手入れかトリミングがかなりの頻度で必要で
目に傷がつきやすくケアの必要なシーズー。
 他犬と交わる機会の多い某所暮らしも
イベントでは野外で子どもから大人まで沢山の人に撫でられる
 ふれあい犬には向かないと個人的には思います。

そして大体が若くて性格が良い仔だからと決められるふれあい犬、
  せめて長くて1年でチェンジして
頑張った分 若い内に 早い内に 家庭で家族と過ごす幸せを与えて頂きたいと願います。

  にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
 夜のトリミングでどんな風に可愛く変身するか楽しみです~





家族の天使になったカリン。

 嬉しい嬉しい報告です。

トライアルに行って5日目、

「H・カリンにさせてください」と

えっ!マジ!!もう!!!と嬉しいびっくりの報告が入りました

そう、あのマルチのカリンです!

多頭飼育の果てに世話もできなくなり、飼育放棄同然で収容されてしまったのに 
その後元飼い主は所有権放棄を渋り 保護できるまでにかなりの日数を要しました。
そのせいで生きれるはずの兄弟たちの中には命を落としてしまった仔もいました。
生きれなかった仔の無念、幸せを掴ませてあげようと頑張られたボランティアさんたちの無念。
カリンには生きれなかった兄弟の分まで 沢山の思いが重なっていました。

保護当初のカリンはカスカスッの毛、毛の下は肋骨浮き出るガリガリっぷり。
当日は軽いシャンプーだけで全身カットは体力が持たないと見送ったほどでした。
連れて帰った日、久しぶりと思われる清潔でふかふかのペットで死んだように眠った後 
夜遅くには起きてきて台所に「てけてけ」と歩いて「何か頂戴!」とへの字のお口で訴えてきました。

CIMG9327_20111105110216.jpg
今のカリンからは想像もできないほど表情も覇気もなかったですが

食欲がある事、カリンスペシャルの消化の良いおじやを少しずつ何度も食べる姿に

カリンの生命力を感じることができました。
そして「てけてけ」と歩く姿の何とも可愛いかったこと!
下痢・嘔吐・衰弱を心配しながらの一夜でしたが 
カリンのてけてけ歩く姿に笑顔がこぼれたのを覚えています。

そして移動後綺麗にカットしてもらったカリン。
マルチ
これまた今では想像できないほど 貧相な姿です

数日てんてんさんのお家で様子を見てもらってから

あべまるままさんのお家で養生生活をスタートさせたカリンは

吸収力が弱って下痢や柔便と格闘してもらったり、社会勉強をしてもらったり
沢山可愛がってもらって ケアを受けて 保護当時の面影が見当たらないほど可愛いマルチーズに変身していきました。
(半年近くカリンを預かって頂いたあべまるママさん、ご家族の皆様ありがとうございました

そんなカリンのご縁は本当に不思議なものでした。
お仕事先の生徒さんの課題の一つから 捨てられる犬たち、保護活動、ボランティアの事を知り
その生徒さんが課題の中で触れてくださってたRed-stringを知り
「私でも何かできる事はありませんか?」と頂いた1通のメールからスタートでした。
(それを伺った時はどこでどんなきっかけがあるか・・・本当にびっくりしました)

そして 預かり、里親、搬送、バザーなどのお手伝いetc を紹介させてもらった中で
Hさまは「保護された仔を迎える里親になる」という事を考えてくださり
以前マルチーズを飼っておられたということで紹介させてもらったカリンを見初めてくださいました。
そこから一度は絡まって切れてしまうかと思われたカリンとの赤い糸でしたが
Hさまはずっとカリンを見てくださっていて 心に留めてくださっていて
絡まって終わることなく お見合いに進むことができました。

お見合いでもカリンへのお気持ちがたっぷりだったHさまに感動しっぱなし。
トライアルはお仕事が落着く時期を見て少し先になりましたが
トライアルに合わせ1週間のお休みをとって準備万端でカリンを待っててくださりました。

初めてのお家にも物怖じしなかったカリン。
それでも初日はお迎えを待っているのか窓を黄昏てみたり・・
karinn1.jpg

黄昏つつも 食欲旺盛でよく食べ、よく出し快腸~(笑)

karinn3.jpg

カリンより若いけど 先住ワンおねえちゃんとのお散歩も仲良く歩き

karinn4.jpg

お見合いにも来てくれたワンちゃん大好きな優しいお姉ちゃんを早速尻に敷き(笑)

karinn5.jpg

お庭を元気一杯走り回り~ (羨ましい~!)

karinn7.jpg

マルチを飼っていたおばあちゃんにも可愛がってもらい

karinn6.jpg

そして最後は本当に嬉しかったカリンの笑顔!

karinn2_20111105112959.jpg

への字のお口の無表情だったカリンは

最高の笑顔で 本当の家族に出会うことができました。

トライアル終了、正式譲渡のお返事には「カリンは天使です」と(号泣)

こんなことってあるんですね。

そう思える不思議なご縁から始まったHさまとカリンとの赤い糸はしっかり繋がることができました。

カリンはママさんの優しいお気持ちと愛情をたっぷり受け
H家の天使ちゃんになってRed-string&保護犬卒業です

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
週末に譲渡の手続きにカリンに会いに行ってくれるてんてんさん。
 嬉しすぎて泣いちゃダメですよ~






トム坊ちゃんの卒業。

珍しく駆け足UPです(笑)

前日になってしまいましたが、明日尼崎市の「西武庫公園@フリーマーケット」に出店します。

と言っても保護犬参加なしで(長時間お留守番苦手な三四郎@さんちゃん来るかな?)
Red-stringというより仲間3名でコソッと出店するだけです
わざわざ来て頂くほどの内容ではないので^^;
お近くの方がいらっしゃったら公園のピクニック方々、犬の散歩方々でフリマしています^^
 (一般で百店舗集めて百貨店フリマだそうなので(笑)どこでやってるか探すのは大変かもです^^;)

さて、こちらは土曜日の里親会&バザーの後にお返事を頂いた嬉しい報告です。

今まで一頭生活に合わせ社会性が乏しい生活をしていたのか
他犬への接し方が分からず 怖いと思うとガウッ! 
慣れてきて興味ありそうに見えても 遊んでる他犬にいきなり ガウッ!!
びびりなのに自分で威嚇して相手を怒らせても「引く」という事もできずドツボにはまるタイプで^^;
人にも甘えたなんだけどストレートに気持ちを表現できず損するタイプだったトム坊ちゃん。

CIMG9771_20111102130934.jpg
(お届け先でキョトン顔)

引越しでいきなり5年間一緒だった飼い主に処分に持ち込まれ
不安と恐怖でぶるぶる震えながら 人の手に威嚇を繰り返していたそうですが
預かり生活中トムに噛まれた事なんて一度もありませんでした。
抱っこされると落着いてうっとりする甘えた坊やで 部屋を別にしたり他犬がいない一頭の時間を増やすと落着き
ピンポンや来客以外鳴かず、鳴いても制止ができ
トイレ完璧でお散歩もすたすた歩いて 賢い可愛いトムでした。

預かりでは一頭生活は無理だけどこの先一生になる里親さまでは一頭希望で募集を掛けたら性格&行動問題なく
まだ5才なのできっとお声も早いだろうな~と思って募集をかけた矢先
軽い咳が気になって見てもらった診察で心臓の肥大が発覚しました
しかし心雑音なし、レントゲンでもエコーでも弁膜に問題が見当たらず原因特定ができませんでした。

そこで原因特定と今後治療や投薬の必要性があるのかを判断する為に関西で動物で唯一の心臓+循環器系専門の
「関西動物ハートセンター」で検査を受ける事になりました。
血液検査・心電図・心エコーなどの検査にも「良い仔でしたよ」と言われるほど大人しく(固まっていたとも言う^^;)
ドキドキの結果は・・・
「生まれつき大動脈がほんの少し湾曲しているのが心臓に影響し肥大したと推測できるが
弁膜の各厚み、機能に一切の支障がなく 心臓機能に問題がある訳ではないので 
今後の治療や投薬、経過観察も現時点では別段必要がない。」
という診断結果で「問題ナシ」の結果が出ました

トムの心臓が問題なく、健康そのもので今後の生活にも支障がないと分かり一安心。
そして募集を掛けてすぐご希望を頂いてトントンとお話を進めていたので
心肥大が発覚してお話を一旦ストップし待って頂いていた希望者さまにも 
残念な報告とならずに一安心でした。

トムを希望してくださったお姉さん、お母さんはお話を進めている最中心臓の事が分かった時も
「心臓に何かあってもできればトム君と会ってみたいという気持ちは変わりません」と言って下さったお気持ち通り
結果が分かってからすぐにお母さんと一緒にトムに会いに来て下さいました
お見合い時はトムより途中乱入の寅が良い仔さんアピールをする場面もありましたが^^;
お見合いを終え順調にトライアルの運びとなりました
広いお家にプチドックンになりそうなお庭があり、何より一頭飼いの環境。
トムにとっては願ってもない落着いた環境で 
お届けしてすぐお姉さんとお母さんにナデナデしてもらうトム。

CIMG9770_20111102131004.jpg
(そんなにすぐお腹見せてたっけ?)
他犬がいるとどこか神経をピリピリさせていた所があったので
トムにとっては「一頭」という環境が何よりの精神安定の薬でした。

トライアル中様子を伺うと トイレもシートさん完璧で、人の出入りには吠えるそうですが^^;
けたたましく吠え続けることもなく、良い仔さんにしている様子
ただ自分からストレートに甘えに行く事ができにくい分
「家でトムはいいのかな?我慢していないのかな?」と心配もされたようです。

我が家では犬わらわら~過ぎてトムが我慢してたとしても心配の「し」の字もなく(爆)
日々徐々に慣れるまで放置 気にも留めてなかったので^^;
慣れるのは時間の問題、トムはトムのペースで自分を出し始めると思っていました。

2週間が経ち、お返事をお伺いした際には 自分からお膝にも乗ってくるようになり
夜寝る前に名前を呼ぶとちょこちょこ着いてくるし
家族みんなが「トム・トム」と呼ぶのでトムどこ行こうかとキョロキョロしています。と
トムがご家族皆さんの愛情を独り占めしている姿が目に浮かぶようでした^^

トムを見初めてくれた若くて綺麗なお姉さんは何とファイヤーマン(ファイヤーウーマン?)
(トムの不要な恋の炎を消してもらえるかも~
心強いお姉さんに 優しくて柔らか~いお母さん、
男の人好き?なトムに出勤時寂しそうにお見送りされるお父さん&お兄ちゃん。
落着いた大人家族の愛情独り占めの幸せを掴んでトムはRed-string&保護犬卒業です
CIMG9772.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
一人っ子甘甘生活でオレ様にならないかが唯一の心配かもです

里親会&チャリティーバザーのお礼 ②

報告が溜まっているのにUPが遅れております(いつもの事?^^;)

土曜日は里親会に参加した保護犬たちにも沢山の方が会いに来て下さりました。(感謝)

CIMG9920.jpg
参加した募集中の仔の紹介を・・とデジカメを見ると全然写真撮ってな~い
自分が連れて行った仔の写真すらな~~い
何ともお恥ずかしい限りですが 
私が抜けている分預かりさんがしっかりしておりまして
ばっちり参加犬たちの紹介をして下さっています
丸投げ感は否めませんが 
なんこさんが 前編・後編でUPしてくれています^^ →「ルル☆ニコメモリー」

お礼①でリンクができてなかった(汗)コチラでも→ 「ミッキー組」

これまたリンクのできていたなかった(大汗)てるさんのブログでも→「One agein」
来てくれた仔たちに合わせ参加した仔たちもUPしてくれています^^

唯一自分のデジカメに写真があったのが、
まずはプードル×ダックスのMIXと思われる翔@かっ君。
CIMG9934.jpg
(かっ君を連れてきて下さりありがとうございますm(--)m)
重い心肥大があるのを忘れてしまうかのように日常を過ごせているので淡い期待を持ってしまいます
それでも1ヶ月ごとのお薬を渡すときに袋の厚み、多さに現実に引き戻されるのですが・・・。
かっ君の心臓がどこまで持つかは誰にも分かりませんが
それでも穏やかで大らかな中にもお茶目で性格◎のかっ君が「Redの保護犬」ではなく
家族として迎えてもらい苗字ができる希望は かっ君の心臓が頑張る限り諦めません
 かっ君のまったり生活はコチラから→「まったり ゆっくり 幸せにね」

お次はミッキーママさんに名前入りの勝負服を着せてもらい参加したシーズー健@たけちゃん。
CIMG9938.jpg
後姿でも一目でたけちゃんと分かります^^
保護当時より毛がふさふさになっていて 育毛剤使用疑惑がでるほど(笑)毛量がUP
CIMG9941.jpg
たけちゃんの目の白さは白内障ではなく傷を放置で眼球が白濁した状態なのでドライアイの点眼は必要ですが、
その他はこれと言って持病もなく健康面で不安がない丈夫なおじいちゃま。
そして生たけちゃんは写真で見るより若々しくて可愛いです♪

写真はこれだけでしたが(汗

尿管結石の手術を済ませたラッキーも参加して良い仔さんで頑張り  
この日トリミングでもお世話になっているゆゆママさんと娘さんにお迎えに来てもらって
次回検査までの預かりをお願いしています。

またダックスひじきも預かりをお願いするH様もわざわざお迎えに来てくださり移動しました。

今回はバザー、保護犬の送迎、移動のお迎えと沢山のボランティアさんにお力を貸して貰い 
また差し入れや、フリマ用品を頂いたり、保護犬へおやつや 療養食など
沢山のお気持ちを頂きました。

  本当にありがとうございましたm(--)m

そして皆さんの力を借りて参加できた箕面in里親会&チャリティーバザーの売り上げ&お気持ちですが

  びっくりの 合計¥172160- !!!!

内訳は バザー売り上げ¥51860 里親様・ご支援者様手渡しご寄付¥71000 
    バザーのおつり不要や購入の際に入れて頂いたお気持ち ¥24250

そして残りの¥25050は数年前から里親会でそっと渡して下さる貯金箱の金額。
「共働きで里親になることも預かりもできませんが 夫婦で話して自分たちができる事を考えて」と
毎回お名前を名乗る事なくずっしり重い貯金箱を渡して下さり 
受け取った者がスタッフを呼び お礼をお伝えしようとすると もう姿はなく 
スタッフでもお顔を知る者はほとんどおらず お礼もお伝えできずにいます。

帰宅してから貯金箱を缶きりで開け、数えさせて頂くと
CIMG9943.jpg
沢山の1円玉、五円玉、十円玉、五十円玉、百円玉、五百円玉。
保護犬の為に日々コツコツ貯めて頂いたお気持ち、その積み重ねが山となり・・・
CIMG9945.jpg
金額の大きさもですが それ以上に温かいお気持ちの重みを感じさせて貰いました。

毎回バザー売り上げなどは1万からよくて4万程度なので今回の総額に嬉しい思いと 
沢山の医療費のお気持ちに 里親様や応援してくれる方々に
気を使わせてしまったのではと どこか申し訳ない気持ちも入り混じっています。

頂く際に「高齢の仔の保護や検査、手術続きで大変と思って」と心配もして頂きました。

行政機関から一般への成犬譲渡が少しずつ前進していいるので
昨年から新たに入っている某所では一般の譲渡対象にならない
シニア域の年齢、持病や健康面で何かありそうな仔の打診のみになっています。
引き出しを決めると当然医療費負担は増え 持病があったり手術が必要な場合お声が中々の仔も出てきます。
でも問題のない若い仔が一般の方でお声が掛かるなら 某所に入るボランティアとしては
譲渡対象にならない仔を少しでも引き出すのが できる事だとも思っています。

ヒーヒー言うこともありますが^^; 誰一人それを理由にしたり弱音は吐かない仲間たち。
自分たちの意思でその仔を出すと決めた限り 負担があるのも先が見えないのも当たり前。
細く長く続けることにこだわるより 目の前の仔にできることをして 
その結果 先々活動ができなくなっても悔いは無し。
自分の意思で犬たちにできることをする、したい。と思っての活動なので
心配させてしまってご支援やご協力を扇いでしまっていないか 反対に心配になってしまいました。

慣れない金額を頂くと 嬉しい中に戸惑いも出てきて 気持ちを上手くまとめられないのですが^^;
(どう書けばいいのか迷って丸二日経ってました
 
アピール下手、気持ち伝え下手、お礼下手の三拍子揃っておりますが
  保護した仔へと頂いたお気持ちの数々に感謝の気持ちで一杯です。

 頂いたお気持ちを大切に保護犬たちの医療費へ使わせて頂きますm(--)m

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
 
土曜日は夜小さな坊ちゃんのお返事を聞く日でもありました。(ドキドキドキ・・・)

    







  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。